<   2015年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ヒースローではターミナル5からの発着でした。

d0224362_01252645.jpg


手前のチェックインカウンターが邪魔ですが(^^;;
A warm welcome to our home と書いてあります。
BA専用のターミナルですね。

新しいので広くて気持ちいいです。

免税手続き(VAT refunds)は Gカウンターの後ろにありました。

d0224362_01292601.jpg


帰りのチェックインもサクサクっと済み、出国です。

確か、クラブヨーロッパ & クラブワールドと書いてある案内に従って
優先レーンでセキュリティチェックを受けたような気がするのですが
既に記憶があいまいです(^^;; 数日前のことなのに。

d0224362_01361345.jpg


セキュリティチェックを抜けたらラウンジに向かいます。
d0224362_02120074.jpg


こちらはビジネスラウンジですが、ファーストクラスのラウンジも
隣にありました。

d0224362_02120075.jpg


中はかなり広いです。

d0224362_02331854.jpg


各国の新聞が置いてあって、日本経済新聞の衛星版があったので
もらってきました(^^;;

食べ物は、サンドイッチやケーキなどが中心。

d0224362_02331848.jpg

d0224362_02331891.jpg


温かい食べ物はスープがありました。
野菜(サラダ)は無し。果物はバナナやリンゴなどが丸ごと
置いてありました。

あとは、袋に入ったポテトチップスもありました。
(イギリスっぽい 笑)

アルコールはあまりよく見ませんでしたが、夫の話では
結構種類が豊富だったそうです。

Wi-Fi はサクサクつながったので、搭乗時間までネットで
遊ばせてもらいました(笑)

ヒースローはテロ防止のため、搭乗ゲートが毎日必ず変わり
(成田なんてトルコ航空は基本的に毎日同じゲートです)
搭乗時間の直前までゲート番号を発表しません。
なので、搭乗券のゲート番号は空欄になっています。

d0224362_02331906.jpg


時間を見ながら、自分でゲートをチェックしなければならないので
気を遣います。

夫の話では、ロンドン到着(着陸)の時も、着陸3分前ぐらいにならないと
地上からスポット番号を知らせて来ないそうです。
(普通は30~40分前に知らせてくるそうです)

追記:
ヒースローではイミグレーションによる出国審査はありませんでした。
セキュリティチェックのところで搭乗券のバーコードを読み込ませ
あとは、搭乗の時にゲートでパスポートと搭乗券を見せただけでした。


[PR]
by endo0210 | 2015-09-30 14:17 | +9月ロンドン

今回のロンドン往復はJALのマイレージで BAの無料航空券を
ゲットしたわけですが、急に思い立って予約したので
日にちもほとんど選べず、しかも往復ともにエコノミーがとれず
ビジネスクラスでした。

近距離(4時間)なのでエコノミーで十分、たくさんマイレージを
使いたくなかったのですが仕方ありません。

というわけで、BAのクラブヨーロッパ(近距離ビジネスクラス)の
レポートです。

往路: BA677 IST 17:35 → LHR 19:35
(これは定刻の時刻で、この日は出発が 30分遅れました)

チェックインはアタチュルク空港内 BAのクラブヨーロッパカウンターで。
手荷物だけだったので、5分もかからずチェックイン完了。

出国も優先レーンが使えるので早いです。

ラウンジは、プライオリティパスで入れるいつものプライムクラスCIPラウンジなので
レポートは省略します。

d0224362_00364672.jpg

d0224362_00364662.jpg


BAの搭乗券には搭乗時間ではなくて、搭乗締め切り時間が記載されていました。

d0224362_00470045.jpg

d0224362_01162721.jpg


機材は B767 でクラブヨーロッパは 2-2-2 の配列でした。

d0224362_00470001.jpg


私達はマイレージの無料航空券だし、ぎりぎりに予約したので
真ん中の2席でした。

この日のこの便の機長さんは女性でした(かっこいい!)

飛び立ってしばらくしてベルトのサインが消えたら、夕食のメニューが
配られました。

d0224362_00530394.jpg


メインはラムのキョフテ(トルコ風ハンバーグ)またはお魚ですね。
お魚にしようっと。

d0224362_00530491.jpg


そして、飲み物サービスが始まり、ここぞとばかりに(^^;;
シャンパンをいただきました。

d0224362_00530466.jpg


キリッと冷えていて美味しかったです。

さて、お食事がきましたよ。

d0224362_01044307.jpg


大きなサラダがついていて嬉しいです。
トルコ航空の機内食と同じオリーブオイルがついてきました。

d0224362_01044354.jpg


プチ・マカロンもかわいい。

d0224362_01044492.jpg


メインのお魚も美味しくて満足。
イギリス見直しました!(笑)

食後は、デザートかチーズを選べます。

私はデザートのラズベリーとホワイトチョコレートのタルト
マスカルポーネクリーム添え

d0224362_01044406.jpg


これも甘すぎず、とても美味しかったです。

夫はチーズ。

d0224362_01044488.jpg


チーズに添えられていた赤いのは、タマネギを甘く煮たようなものでしたが
これがチーズに合ってすごーく美味しかったです。
帰りはチーズにしようと心に決めました!(笑)

どうせ近距離のビジネスクラスだし、全然期待していませんでしたが
予想に反して、BA なかなかよかったです。

(到着時、イギリス入国審査には優先レーンはありませんでした)


[PR]
by endo0210 | 2015-09-30 00:48 | +9月ロンドン

9月23日から25日の二泊三日で、オペラ座の怪人を観るために
ロンドンに行ってきました。

2日目は、ボックスオフィスが開く午前10時にあわせて劇場へ。

最寄り駅は、ピカデリーサーカスです。

d0224362_14284508.jpg


快晴だったけれど寒い!(15度ぐらい)

劇場に着きました。

d0224362_14284641.jpg


中に入ってみると結構たくさんの人がいて
え!当日券が売り切れちゃったらどうしようと焦りました(^^;;

d0224362_14284671.jpg


何せ、私達が観れる日は今日しかないのですから。
もしも観れなかったらロンドンまで何しに来たのかわかりません。

本日の出演者。ジョン・オーエン=ジョーンズさんの名前があってホッ。

d0224362_14333284.jpg


チケットも無事ゲットできて、これで一安心(*^^*)

開演は 19:30なので、19:00ごろ劇場へ。

d0224362_14333259.jpg


座席はなるべく良い席で観たいので、夫とはバラバラになってもいいと
思っていましたが、運良く J列の 14、15の並びがとれました。

私達の数日前に観に行ったというイスタンブルの友人が
G列の真ん中から左右4席ぐらいが一番見やすいとわざわざメールで
知らせてくださったので、それを意識して席取りをしました。

あいにく G列には空席がありませんでしたが、それより3列後方のJ列で
真ん中から左に2席とれました。

席から見た舞台。

d0224362_14552907.jpg


そして、ミュージカルがスタート。

今までにオペラ座の怪人も何度も観ましたが(ロンドンで5回ぐらい?
と日本でも)今回ほど楽しみにしていたことはありません。

ジョン・オーエン=ジョーンズさんの怪人、声が素晴らしかったです。

とてもよかったです。感動しました。

が、怪人としてはちょっと体格がよすぎかな?(^^;;

それと、今回あらためてじっくりオペラ座の怪人を観て気づいたのですが
怪人が歌う歌って、歌い上げるような歌があまりないんですね。

歌い上げるっていうよりも、パンチの効いた高めの声で勝負!みたいな
歌が多い。

ジョン・オーエン=ジョーンズさんは、じっくり歌い上げる歌で
その歌唱力が一層引き立つタイプだと思うので、個人的には
レミゼのジャン・バルジャンの方が合っているように思いました。
(レミゼのジャン・バルジャンも過去に演じています)

ご本人も何かのインタビューで、両方とも思い入れのある役だが
どちらかを選べと言われたら、ジャン・バルジャンの方が
より自分に合っていると思う、というようなことを言っているのを
読んだ記憶があります。

なので、いつか、ジョン・オーエン=ジョーンズさんのジャン・バルジャンを観たい!
絶対に観たい!

ジョン・オーエン=ジョーンズさんがジャン・バルジャンをやるなら
日本から貯金を崩してでも絶対に観に行きます!(^^;;

余談ですが、ラグビーのW杯で日本が南アフリカに勝利した翌日
たまたまジョン・オーエン=ジョーンズさんのツイッターを見たら
試合をテレビで観戦していたようで「Yes! Come on Japan!」とか
勝利した瞬間だと思うのですが「JAPAAAAANNN!!!」という書き込みがあって
過去3回の来日ですっかり親日家になったようで、ファンとしては
嬉しいのはもちろんですが、親近感が一気に増して
何だか友達になったような気がしてしまいました(^^;;(笑)

[PR]
by endo0210 | 2015-09-29 14:17 | +9月ロンドン

サクッとロンドン

9月23日から25日までの二泊三日でロンドンに行ってきました。
滞在時間は1日半。どうせならもう少しゆっくりしたかったのですが
今回はJALのマイレージで獲ったBAの無料航空券だったので
日にちがあまり選べず(加えて直前だったので(^^;;)
こういう日程になってしまいました。

何故そこまでして行ったのかというと
5月と8月に来日コンサートを観に行って感動したジョン・オーエン=ジョーンズさんが
9月から来年の1月までウエストエンドでオペラ座の怪人の
怪人役を演じているからなんです。

(8月のコンサートは両親のことでゴタゴタしている時だったので
記事にはしていませんが、とてもよかったです)

それを知ってロンドンに行きたいと思ったのですが
やっぱり無理かな〜って一度は諦めたんです。

でも、やっぱり観なかったら後悔する、イスタンブルからなら
ちょっと無理すれば行けるけれど、日本からとなると
思い立ったからってポンっと行けるわけではないと思い
行ってきたというわけです。

感想は、、、やっぱり行ってよかった\(^o^)/

1日目
BA677 IST 17:35 → LHR 19:35


到着後、地下鉄でホテルへ。
チェックイン後、近所のパブでビール。

d0224362_03211975.jpg


帰り道にスーパーで部屋飲み用ワインや翌朝の食料などを調達。

2日目
10:00にオペラ座の怪人を上演している Her Majesty's Theatre へ。
当日夜のチケットをゲット。

ランチは、クィーンズウェイにある中華で飲茶。

d0224362_03211999.jpg

d0224362_03212024.jpg

d0224362_03212039.jpg


午後は私のショッピングタイム♪
と言っても、ロンドンが寒くて寒くて、着ていった服だと寒いので
ひたすら今すぐ着れるものを探していたという感じ(^^;;
(でも、この後本帰国で荷物を増やせないのでかさ張らないもの)

d0224362_03331066.jpg


夕飯は、レスタースクエアのパブでフィッシュ&チップス

d0224362_03270710.jpg

d0224362_03270729.jpg


19:30 からオペラ座の怪人

3日目

午前中は引き続きショッピング(^^;;
(ワンピース3着を手頃な値段でゲット\(^o^)/)

ランチはコヴェントガーデンのベルゴ・セントラルで
ベルギービールとムール貝。

d0224362_03270807.jpg


ホテルで荷物をピックアップしてヒースローへ。

BA680 LHR 17:50 → IST 23:40

大忙しのロンドン滞在でした。

次回はもう少しゆっくり行きたいですが、ロンドンのホテルは高いので
それが悩みのタネですね(^^;;


[PR]
by endo0210 | 2015-09-29 03:28 | +9月ロンドン

母の腰痛

数日前、母を整形外科に連れて行ってくれたと
施設からメールがありました。

本日『◯◯◯整形外科』にお連れしました。

レントゲンの結果は、背骨の2番目の骨が若干もろくなっている事と骨粗鬆症だそうで、加齢による変形なので大きな心配はないそうです。

痛み止めや湿布を処方してもらいました。

レントゲンの後、電気治療などの理学療法を30分弱ほど行いました。


やはり、以前病院に連れて行った時とほぼ同じ診断だったようでした。

そして、今朝、またメールが入っていました。

いつもお世話になっております。

先日のメールでのご報告の通り、整形外科にて骨粗鬆症と診断を受けまして、骨折はなく年相応のものと話を伺いこちらも安心いたしました。今後は電気療法の頻度は要相談になりますが、ひとまず内服薬(ビタミン剤、痛み止め、胃薬)で対応ということになっております。また、痛みが強い時の痛み止めとしてシッロップ薬と湿布薬が処方されています。
 
また昨晩は21時に眠前薬を服用後30分後くらいからお休みになられ、だいたい4時半頃からお目覚めになられていました。起きた時に廊下を歩かれる姿がみられましたが、以前あった他の方のお部屋に入られるなどのトラブルはなく落ち着いていました。

今朝はパン食の日でしたので食の進みも良くほぼ全量召し上がっておりました。しかし、やはり腰痛もですが足の痺れをかなり気にされておりましたので、今後整形外科のお薬と受診にて様子を見ていきたいと思います。完全に痛みを取ることは難しいかもしれませんが、できるだけご本人の負担を減らせるよう日々の生活をサポートさせていただきたいと思います。また何かありましたらご連絡致しますので、今後とも宜しくお願い致します。


ここ3年ぐらいの母の様子は、年に1、2回強い痛みが出ますが
しばらくすると落ち着くようです(落ち着いていても
常に軽い腰痛はあるようですが)。
足の痺れも同じような感じで、腰痛からきているようです。

私としても、母が少しでも痛みなく暮らせるよう
ビタミン剤を施設に預けてきたわけですが
完全に痛みや痺れをなくすことは無理そうです。

でも、施設でも私と同じように考えて、少しでも
母の負担を減らそうと努力してくれるのがありがたいです。


[PR]
by endo0210 | 2015-09-27 14:15 | 家族のこと

ヒンシュクを買いそうですが(^^;; 南イタリアから帰った翌々日から
ロンドンに来ています。

滞在中のことはまた記録しておこうと思いますが
ロンドンでびっくりしたこと。

ピカデリーサーカスという中心地にシミット・サライがあった!
(その後、オックスフォードストリートの、ボンドストリート駅の隣にも
店舗があるのを発見!)

d0224362_15302829.jpg


シミットが1つ 1.65ポンド、スボレイが 3.25ポンド、
アイランが 1.20ポンドでトルコに比べたらかなり高いですが
店内はそこそこ繁盛していました。

d0224362_15302944.jpg


海外にも支店があったとは知りませんでした。

しかも、それだけではなかったのです!

トルコのスタバ、KAHVE DÜNYASI もありました!

d0224362_15302921.jpg


KAHVE DÜNYASI はフォートナム&メイソンの並びにありましたよ。

トルコ、やるじゃん!ですね。

びっくりしました。


[PR]
by endo0210 | 2015-09-25 15:21 | +9月ロンドン

カプリ島のカプリ地区、アマルフィ、ソレントのスーパーマーケット情報です。

いずれも DECO というチェーン店です。

カプリ島カプリ地区(2軒)
一つ目は、ウンベルト1世広場からアナカプリ方面へのバスが通る道を5分ほど歩くと
三つ又に分かれているところにぶつかります。

d0224362_16174093.jpg


その手前、進行方向右側に DECO があります。

d0224362_16174027.jpg


二つ目は、ウンベルト1世広場から TOD'S の前の細い道を右に入って行きます。

d0224362_16174182.jpg


しばらく両側にお土産屋さんやレストランが並ぶ細い道を歩きます。

d0224362_16174197.jpg


レストランやお土産屋さんが途切れたころ、進行方向左側に DECO があります。

d0224362_16174227.jpg


続いて、アマルフィです。

ドゥオーモの前の広場から出ているメインの通りを上って行きます。
(下の写真はドゥオーモから広場を見た写真ですが
右側のクリーム色のビルの向こう側の道ですね)

d0224362_16263015.jpg


しばらく沿道のお店を見ながら歩くと、こんな表示が出ているところがあります。

d0224362_16263180.jpg


ここを右に入ると DECO があります。
(DECOの前を左に上って行くと、私達がランチをしたレストランがあります)

d0224362_16263112.jpg


そして、ソレント

タッソ広場からイタリア通り(Corso Italia)を駅の方に
向かって歩くと、進行方向右側にあります。

d0224362_16340083.jpg


ここは大通りに面しているので見つけやすいと思います。

私達は部屋飲み用ワインやビール、おつまみ用の生ハムなどを購入。
生ハム類はパックになっているものもありますが、肉売り場で
その場でスライスしてもらうのがオススメです。

しかし、同じ DECOでもソレントよりカプリの方が高かったです。


[PR]
by endo0210 | 2015-09-24 16:23 | +9月南イタリア

最終日(8日目)です。

帰りの飛行機は夕方の便を狙っていたので(いつものスタンバイチケット)
それまでどうしようかということになり、夫はソレントで
ランチを食べてからナポリ空港に行けばいいんじゃないかと言いましたが
私はソレントにいてもなぁ・・それよりも、ナポリでもう一度
美味しいピザを食べてから帰りたいと思い、朝食後チェックアウトして
ナポリに向かうことにしました。

駅へ向かいがてらスーパーに寄ってパルマ産生ハムを 200g調達。
イスタンブルでのお楽しみです。

d0224362_22141817.jpg


そして、駅へ。ナポリまで1時間以上かかるのに運賃はたったの 1.8ユーロ。
驚きの安さです!(が、電車は汚い(^^;;)

d0224362_22141833.jpg


ナポリ湾をぐるっとまわるので船より時間がかかりますが
途中、ポンペイやヴェスヴィオ火山の最寄り駅を経由するので
観光客が大勢乗っていました。

d0224362_22141970.jpg


電車は終点のナポリ・ガリバルディ駅に到着。

d0224362_22141920.jpg


地下で国鉄の中央駅に直結しています。

中央駅構内の荷物の一時預かりに荷物を預けてランチへ。

今日は、ダ・ミケーレというお店に行ってみます。
駅からは歩いて 10分ぐらいだったと思います。

しかし、ナポリって本当にボロいビルが多い(失礼!)

d0224362_22141949.jpg


ナポリではウエストポーチなワタシ(笑)

d0224362_22292866.jpg


ダ・ミケーレはこの通りにあります。左側の道の左側です。

d0224362_22292827.jpg


が、人がたくさんいる〜!

d0224362_22292989.jpg


日本のように並んでないし、どうなってるの?と思ったら
お店の人に番号札をもらう仕組みになっていました。
(番号はイタリア語で呼ばれるので、イタリア語の数字を前もって
調べておく必要があります)

d0224362_22292949.jpg


私達が 74番の番号札をもらったのは 37番あたりが呼ばれている頃。

40人待ち!?と思いましたが回転が速いので 40分待ちぐらいで
入れました。

d0224362_22391637.jpg


このお店にはマルガリータかマリナーラ(チーズなし)しかないので
私達は2人ともマルガリータ。

d0224362_22391678.jpg


大きい!

でも、隣に座っていたイタリア人のピザには明らかに
私達のピザ以上のチーズが乗っていたので、チーズ増量もあったみたい。

でもね、生地は薄いのにもちもちしていて美味しかったです。
因みにマルガリータは4ユーロでした。

満足、満足。

この後、中央駅に戻って荷物をピックアップして、バスで空港に向かいました。

今回は南イタリアをゆっくり見れてよかったです。
カプリ島にはまた来たいなぁ。来れるかな?


[PR]
by endo0210 | 2015-09-23 22:28 | +9月南イタリア

7日目は実質的な最終日です。

が、ソレントは観光するようなところもないし、やることがなくなって
しまいました。

やっぱりカプリ島を拠点にした方が選択肢は色々ありそうです。

ソレントで泳いでもいいのですが、それもせいぜい半日だし
どうしようかな〜と考えて、、、

ポジターノに行こうということになりました。(水着着用で 笑)

バスが運行されていたらバスで行こうと思いましたが
残念ながら、今日も運休だそうです。

なので、またしても船で往復ですが
昨日アマルフィに行った時と同じ船しかないので
ソレント出発が 10:30、ポジターノからの帰りが 17:00発です。

途中で見えたカプリ島。昨日よりはっきり見えました。

d0224362_06160641.jpg


今日は風があって船も結構揺れました。

50分ほどかかってポジターノに到着です。

d0224362_06160665.jpg


ポジターノは地球の歩き方に地図も出てないくらいなので
ま、とりあえずドゥオーモへ。

d0224362_06351865.jpg


その後、ドゥオーモの反対側の崖(階段)を上ったら
ドゥオーモの全景がよく見えました。

d0224362_06351869.jpg


ポジターノの方がアマルフィより坂がキツイ感じです。

これにて観光終了(^^;;

お昼はどこで食べようかとトリップアドバイザーで検索したら
ポジターノで 10位のお店が近くにあることがわかり、早速向かいます。

d0224362_06351954.jpg


階段を上って上って着いたところからは、こんな景色が広がっていました。

d0224362_06352059.jpg


そして、私達が入ったお店は

Da Vincenzo →

お店からの眺望はありません。

d0224362_06352014.jpg


入店したのは 12時15分ぐらいでしたが、シェフの準備ができてないので
10分ぐらい何か飲みながら待っててと言われました。

d0224362_06352155.jpg


12時半になってオーダーをとってくれて、それから更に待つこと15分ぐらい?
待った甲斐があってお食事はとても美味しかったです。

特にこのムール貝は、ぎりぎり火が通ったという感じで
フレッシュなのがわかって絶品でした。

d0224362_06544076.jpg


トマトソースも美味しくて、パンを浸して無心で食べちゃいました。

サラダはカプレーゼとミックスサラダ。

d0224362_06544173.jpg


パスタは、夫がチェリートマトとイカのパスタ。
私はアナカプリで食べて気に入ったズッキーニのスパゲティ。

d0224362_06544131.jpg


この辺ではズッキーニのメニューが多いです。
産地なのかな?

夫に私のスパゲティを味見させてあげたら、自分のより美味しかったらしく
取り替えっこするハメに。

チェリートマトのパスタも不味くはなかったけれど
マカロニの太いのみたいなのよりスパゲティの方が好きだし
イカも好きだけれど、生のイカの方が好きなので残してしまいました。
(ま、もうかなりお腹いっぱいになっていたということもあります)

美味しかった! ごちそうさま。

食後はビーチでお昼寝だね!ということでビーチへ。
お天気もよくなってきました。

d0224362_07022378.jpg


ビーチチェアを借りて座ったら、後ろから聞き慣れた言葉が聞こえてきました。

トルコ人ファミリーでした。
下の写真の女の子(トルコ人)は子供なのにビキニがとても似合っていて
カッコよかったです。

d0224362_07022497.jpg


お天気が回復して暑くなってきたので、私も海へ。
冷たくて気持ちいい!

d0224362_07022403.jpg


なかなか楽しめたポジターノでの1日でした。

[PR]
by endo0210 | 2015-09-23 13:59 | +9月南イタリア

アマルフィからバスで 30分のところにあるラヴェッロという町。

標高 350mの切り立った断崖の上に広がる小さな集落で
アマルフィ海岸の息を呑むような絶景が広がるというので
行ってみることにしました。

アマルフィの港のバス乗り場から、スカラ(Scala)行きのバスに乗って
途中のラヴェッロで降ります。

d0224362_05211327.jpg


バス停からの景色です。アマルフィの町は見えません。

d0224362_05211492.jpg


では、このトンネルを通って町の中心に行ってみましょう。

d0224362_05211476.jpg


トンネルを抜けるとこんな広場になっていました。

d0224362_05425801.jpg


ドゥオーモです。時間がないので外観だけ(^^;;

d0224362_05425837.jpg


ヴィッラ・ルーフォロ。
ここの庭園のテラスでは、毎年ワーグナー音楽祭が開かれるそうです。

d0224362_05425997.jpg


でも、時間がないのでお次へ(^^;;

ヴィッラ・チンブローネというところに行ってみます。
庭園の奥にあるテラスからは、アマルフィ海岸のパノラマが見えるらしい。

階段を上ります。

d0224362_05425946.jpg


まだ上ります。

d0224362_05430045.jpg


こっちで方向はあっているみたいだけど、なかなか着かない。

d0224362_05430086.jpg


時間がないからと言って、夫はどんどん先に行っちゃうし。
(夫の背中も見えません)

d0224362_05430046.jpg


こんなところも通って、

d0224362_05430158.jpg


やっと着いた!

d0224362_05430165.jpg


と思ったら、まだこの先も結構あります。

d0224362_05532245.jpg


はぁ〜 やっと着きました。

d0224362_05532310.jpg


眺めはこんな感じです。

d0224362_05532381.jpg


確かにすごいけれど、アマルフィの町が見えるものだと
勝手に思い込んでいた私達はちょっぴりガッカリ。

アマルフィの町とはどこにも書いてなくて、アマルフィ海岸が見えると
ガイドブックには書いてあったんですけどね(^^;;

広場からヴィッラ・チンブローネまでは、かなりの早足で 10分強かかりました。

時間がないのでゆっくり景色を見る間もなく、滞在時間1分で
またバス停に帰ります(^^;;

d0224362_05590238.jpg


何とかアマルフィ行きのバスに間に合いました。

大忙しのラヴェッロ訪問でしたが、可愛らしい町だったので
行けてよかったです。

この後、アマルフィでジェラートを買い食いし、16:35の船に乗って
ソレントに戻ったのでした。

[PR]
by endo0210 | 2015-09-23 04:15 | +9月南イタリア