昨日は予定を入れず、一日中ホテルのプール&ビーチで
まったりのんびり。
d0224362_14132238.jpg

エーゲ海の水は冷たくて気持ちいい。
d0224362_14132389.jpg

マルマリスには城塞もあるし
近場の İçmeler ビーチは更にきれいとのことで
行きたいところはまだまだありますが
せっかくリゾートホテルに宿泊したので
一日ぐらいはのんびりしましょということで(^^;;
d0224362_14133287.jpg

マルマリス、かなり気に入りました!
また絶対に来たいなあ。

お昼は外に行ってみました。
d0224362_14133419.jpg

町中は、、、
d0224362_14132596.jpg

やっぱりイギリス人が多いみたいです(笑)

ミグロスにもソルト&ビネガー味のポテトチップスが
ありました。
d0224362_14132639.jpg

うちの近所のスーパーでも売ってくれればいいのに。

ヨーロッパ人は2週間ぐらい滞在するようで
コンドミニアムもたくさんありそうです。
新しいコンドミニアムやホテルも続々建設中でした。

建設中のグリーン・ネイチャー・ダイヤモンド・ホテル。
d0224362_14132734.jpg

ミグロスの真ん前にあってロケーションは抜群。
オープンしたら泊まってみたい!

海側から見るとこんな感じ。
d0224362_14132884.jpg

でも、私達が泊まったグランド・アジュールも
大満足です!

トルコ式の大雑把なサービス(頼んでも忘れちゃったり)
はありますが、許せる範囲だし(笑)
このホテルはまた泊まってもいいなと思えるホテルでした。

夕飯のブッフェの牛肉も飼料肉だったようで
臭みはなく、美味しく食べられました*\(^o^)/*

毎ご飯も生野菜がたっぷりあってよかったです。
d0224362_1413357.jpg

マルマリス、かなりオススメです。
タートル・ビーチとダルヤンの泥温泉ツアーも
また行ってもいいと思えるし、ロードス島だって
今回は行けなかったリンドスというところにも行ってみたいし
マルマリスの城塞にも行きたいし
リピート決定かな?(笑)
[PR]
by endo0210 | 2014-06-26 14:12 | +2014.6 マルマリス&ロードス島

昨日は、日帰りでギリシャのロードス島に行ってきました。
d0224362_13524280.jpg

船の出発時間は 9:15 ですが、送迎サービスのお迎えは
7時半でした(これが後で助かった〜)

港に着いたらトルコからの出国手続きです。
d0224362_13524483.jpg

が、ここで問題勃発!

ここがトルコだということをすっかり忘れていた私達は(^^;;
パスポートだけを持って行って
イカメット(トルコの滞在許可証)はホテルに置いてきてしまい
係官から、出国はできるけれどトルコへの再入国はできないよと
言われてしまいました。・゜・(ノД`)・゜・。

まだ時間は十分にあったので
タクシーでホテルに取りに行って何とかセーフ。
無事、出国できました*\(^o^)/*
d0224362_13524632.jpg

トルコ在住の皆さん、ギリシャの島へ船で行く時には
イカメットをお忘れなく。
って、私達のようなドジはいないでしょうね(^^;;

さて、マルマリスからロードス島には高速艇で
約1時間20分で到着です。
d0224362_13524721.jpg

パスポートコントロールで審査を受けて入国です。

船が着いた港は旧市街のすぐそばなので
今回は旧市街のみ観光しました。
d0224362_13524924.jpg

最初に考古学博物館へ(入場料6ユーロ)。
d0224362_13525141.jpg

建物は1440〜1489年にかけて騎士団によって建てられた
病院だったそうです。
d0224362_13525243.jpg

展示物の中で必見なのは片膝をついたロードスのアフロディーテ。
d0224362_13525350.jpg

紀元前1世紀作だそうです。

次は、騎士団長の宮殿へ(入場料6ユーロ)。
d0224362_13525573.jpg

宮殿とは言っても砦のようなものだったので
豪華絢爛できらびやかという感じではありません。
d0224362_13525611.jpg

ロードス島は第一次大戦後にイタリアによって支配され
この建物はムッソリーニが別荘として使用したことも
あるそうです。

ここで必見なのは、ゼウスが雷を持つラオコーン像。
d0224362_13525721.jpg

この後はランチです。
ギリシャビールで乾杯!
d0224362_13525925.jpg

ギリシャ料理とトルコ料理はとてもよく似ていて
盛り付けも似ています。
d0224362_1353057.jpg

唯一違うのはギリシャには豚肉があること。

レストランのそばにはスレイマン・モスクがありましたが
中には入れないようになっていて
メンテナンスもしてないようでした。
(たぶん、ロードス島の住民にイスラム教徒はいないんでしょうね)
d0224362_1353147.jpg

ランチのビールで足が重くなってしまいましたが
セント・ニコラスの要塞に行きました。

が、修復工事中で入れませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。
d0224362_1353350.jpg

途中の海があまりにもきれいだったので
足を入れてみました。
d0224362_1353496.jpg

この水がしょっぱいなんて信じられません。
川の水のようです。
d0224362_135353.jpg

セント・ニコラスの要塞方面から見た
騎士団長の宮殿。
d0224362_1353840.jpg


こちらは港のそばにあったトルコ式市場。
建物はイスラムチックですが、ギリシャのお土産屋さんが
入っていました。
d0224362_1353745.jpg

お土産物もギリシャとトルコはそっくりです!
(元々は同じ民族だったんですよね)
d0224362_135310100.jpg

なので、何も買いませんでした(笑)

最後にアイスクリームで休憩。
d0224362_13531133.jpg

今回は旧市街だけしか行けませんでしたが
ロードス島は広くて他にも観光スポットがたくさんあるので
時間が許せば一泊か二泊してゆっくりするのもいいなと
思いました。
[PR]
by endo0210 | 2014-06-25 13:52 | +2014.6 マルマリス&ロードス島

昨日は、タートル・ビーチとダルヤンの泥温泉に行く
ボートツアーに参加しました。

インフォメーションはこちら →

ネットで申し込みをしなくても
マルマリスの街中の至る所にデスクがあって受け付けています。
(因みに、トルコリラ払いだと一人70TLでした)

送迎サービスがあって、私達のホテルへの迎えは
8時半に来ました。

そして、船は9時半に出発。
d0224362_1295891.jpg

やはりほとんどの乗客はイギリス人のようで
船内ではイギリスのタブロイド紙やチップス(フレンチフライ)を
販売していました。(もちろんトルコ人もいましたよ)

トルコで初めて見たソルト&ビネガー味のポテトチップス。
d0224362_1210122.jpg

ここはトルコだということを忘れてしまいそう(笑)

船は岸に沿って航行します。
山の形が南仏に似てるような?
d0224362_1210395.jpg

同じく南仏のカランクにも似てる?
d0224362_1210572.jpg

イタリアのチンクエテッレにも似ているような・・・
d0224362_121066.jpg

1時間後の10時半に最初のスイミングスポットで
30分の停泊。

まだ暑いとまでは感じなかったのと
エーゲ海の水は冷たいということを思い出し
この時は泳いでいる人を眺めただけ。
d0224362_12101184.jpg

でも、海水の透明度が高いです!
d0224362_1210823.jpg

11時ごろから再び動き出し、
11:45ごろからランチ(料金に込み)が始まりました。
d0224362_12101013.jpg

そして、12時半頃にタートル・ビーチ近くの島に着き
そこで小舟に乗り換えてタートル・ビーチに行きます。
d0224362_12101266.jpg

が、その前にウミガメの餌付けを見学。
(写真はうまく撮れず。・゜・(ノД`)・゜・。)

そして、やっとタートル・ビーチに到着。
ここで1時間ほどの自由行動です。
さ、泳ぐぞ〜
d0224362_12101559.jpg

ビーチチェアとパラソルは無料です。
d0224362_12101637.jpg

タートル・ビーチは名前の通り
ウミガメの産卵地として知られていて、ビーチの所々に
人が卵を踏んづけないようこんな囲いがありました。
d0224362_12101720.jpg

そして、浜を守るために近くに家や建物を建てることは
禁止されているそうです。

タートル・ビーチは遠浅で海水浴には最高でした!
(1月のカリブ海クルーズで寄港できなかった
ハーフムーン・ケイのリベンジができたかな 笑)

タートル・ビーチで海水浴を楽しんだ後は
また小舟に乗ってダルヤン川を上って泥温泉に行きました。
d0224362_12101992.jpg

d0224362_12102050.jpg

d0224362_12102260.jpg

まずは泥のお風呂に入り、
底から泥をかき出して身体に塗ります。
d0224362_2593255.jpg

全身に泥を塗ったら乾かして(ここがポイント)
乾いたらシャワーで流します。

そして、今度は湯温39℃の普通の温泉に入っておしまい。
d0224362_2593333.jpg

泥温泉で10歳年齢が若くなるそうです。
若くなったかな?(笑)

この後、また小舟に乗って帰り道に
カウノスの遺跡(岩堀りの墓)を船の上から見学。
d0224362_12102585.jpg

これにてツアーはおしまい。
タートル・ビーチ近くの小島で小舟から
元々乗ってきた大きな船に乗り換えてマルマリスへ直帰。
d0224362_12102617.jpg

と思ったら、最後のスイミングを楽しんで下さいと
もう一箇所スイミングスポットで30分の停泊。
d0224362_12102871.jpg

さすがに皆さんお疲れで泳ぐ人は少なかったですが
こんなに元気な人もいました(笑)
(全く知らない人です(^^;;)
d0224362_12103012.jpg

結局、朝の9時半にマルマリスを出発して
戻ってきたのは夜の8時。
d0224362_12103176.jpg

なかなかの充実した内容で、これで70TL(約3,500円)は
オススメです!(但し、飲食物の持ち込みはできませんので
ご注意を)
[PR]
by endo0210 | 2014-06-24 12:09 | +2014.6 マルマリス&ロードス島

マルマリスに来ました!

昨日からトルコのエーゲ海リゾートの
マルマリスに来ています。

マルマリスの最寄り空港はダラマン空港。
イスタンブルから1時間のフライトタイムです。
d0224362_1522054.jpg

プライベート・ジェットもいました。
d0224362_1522180.jpg

ダラマン空港からは飛行機の到着時間に合わせて
Havaş と呼ばれる空港バスが出ていますが
(マルマリスのオトガルまで一人15TL、所要1時間半)
ヨーロッパ人はレンタカーを使う人が多いようでした。
d0224362_1522319.jpg

d0224362_1522469.jpg

オトガルからホテルまではタクシーで。
初乗り4TL でイスタンブルより高い(>_<)
観光地料金ですね。・゜・(ノД`)・゜・。

今回のホテルは
D-Resort Grand Azur
トルコのリゾートホテルに多い一泊二食付きプランです。
d0224362_15221714.jpg

Booking.com の評価では 8.1 とビミョーでしたが
昨年全面改装をしたと書いてあったのでそれに賭けて(笑)
(以前の評価がイマイチだったと解釈して)
選びましたが大正解!

お部屋もきれいで(安い部屋を選んだので
海側の部屋ではないけれど(^^;;)
なかなか良いです。
d0224362_1522513.jpg

4泊もするのにお部屋が気に入らなかったら最悪ですからね。

部屋で荷物の整理をしてから、今度はミニバスで
港に出かけました。
(ミニバスも一律2TLで高めでした)
d0224362_15221519.jpg

d0224362_15221651.jpg

マルマリスは特にイギリスからのリゾート客が多いようで
料金をポンド表示している店もありました。

まずは、明日行こうと思っているタートル・ビーチと
ダルヤン泥温泉へのツアーを申し込み
d0224362_15221374.jpg

次に、明後日に日帰りで行こうと思っている
ギリシャのロードス島へのフェリーの切符を買いに
行きました。
d0224362_15221142.jpg

d0224362_15221285.jpg

その後はランチ。

サラダとカラマリとフィッシュ&チップスを
二人でシェアしましたが、かなりの大盛り。
d0224362_15221010.jpg

暑かったのでエフェスビールが最高に美味しかった!
d0224362_1522935.jpg

でも、これだけ食べて飲んで先日のヤロワでボラれたのより
15TL(750円)ほど高いだけでした。
ヤロワではビールも飲まなかったというのに(>_<)

この後は、またミニバスでホテル方面に戻り
途中下車してミグロス(スーパー)で部屋飲み用の
ビールなどを買い出してからホテルに戻り
d0224362_1522639.jpg

後は夕方までホテルのプールでのんびり。
d0224362_1522720.jpg

極楽、極楽〜♪
[PR]
by endo0210 | 2014-06-23 15:21 | +2014.6 マルマリス&ロードス島