キューケンホフについて

キューケンホフは一年中いつでも開園されている公園とは違って
毎年お花の時期のみ開園される公園なのです。
d0224362_13425896.jpg

2013年は 3月21日から 5月20日まで毎日開園されています。

詳しくはこちら ⇒ http://www.keukenhof.nl/jp/
d0224362_13425991.jpg

チューリップの原産国はトルコですし、エミルギャン公園や
ギョズテペ公園などで素晴らしいチューリップを見れるので
何もオランダまで行かなくても、、、と思っていましたが
夫の同期の奥さんに「一見の価値がある」と言われたので
それならば!と見に行ってきました。

キューケンホフの場所およびアクセス
キューケンホフは、アムステルダムとハーグの間に位置しています。
アクセスのための交通手段は、公共交通機関を利用する場合、
スキポール空港(858番)または鉄道のライデン駅からの
シャトルバス(854番)を利用します。
バスは10分〜15分ごとに運行されています。
(車で来ている人も大勢いましたが、駐車場へ入るための長い列が
できていました)

園内はかなり広いです
ただ花が植えられているだけではなく、水路あり、跳ね橋あり、
風車あり、とお散歩が楽しくなるようなコースになっています。
d0224362_13471496.jpg

d0224362_13471540.jpg

こちらはキューケンホフの外にあるチューリップ畑です。
満開になると球根を大きくするために花を刈ってしまうそうなので
今回はちょうどよかったようです。
d0224362_13471612.jpg

トイレもきれいですし、お土産屋さん、カフェ、食事ができるところもあり
時間があれば一日いても飽きないくらいです。

こんなボートツアーもあるようです。
時間があったら乗ってみたかった。
d0224362_13372353.jpg

今回、チューリップはまだ一部つぼみのものがありましたが、
ヒヤシンスがきれいに咲いていて、そばに行っただけで
香水のようなよい香りがしました。
d0224362_14172539.jpg

d0224362_14172796.jpg

それから、こんなところもありました。
d0224362_13372563.jpg

でも、時期が悪かったのかほとんど花が咲いていなくて
殺風景でした。

オランダらしい風車。
時間がなかったので中には入りませんでした。
d0224362_13372689.jpg

ベアトリクスという名前の温室にはらんの花がいっぱいありました。
d0224362_13372766.jpg

先日退位したベアトリクス女王に因んだ名前かもしれませんね。
d0224362_13501230.jpg

平日だというのにかなりの混雑でした。
ドイツナンバーの車とか、オランダ以外の国から来た車も
たくさんいました。

お天気に恵まれて、時間にも余裕があれば
丸一日のんびり過ごすのもよさそうです。

結論としては、一見の価値はあると思いました!
[PR]
by endo0210 | 2013-05-06 16:43 | +5月オランダ

キューケンホフのお花

d0224362_14253178.jpg
d0224362_1425324.jpg
d0224362_14253449.jpg
d0224362_14253510.jpg
d0224362_14253693.jpg
d0224362_14253869.jpg
d0224362_14253971.jpg
d0224362_14254220.jpg
d0224362_14254673.jpg
キューケンホフのお花です。

[PR]
by endo0210 | 2013-05-05 14:18 | +5月オランダ

5月3日(金)

朝起きたら快晴でした。

チューリップを見に行くのに雨空ではテンション下がりますから
晴れてよかった〜

ホテルを9時前にチェックアウトして
電車でスキポール空港へ。
d0224362_23431777.jpg

なぜ、空港へ行ったかと言うと
キューケンホフへのシャトルバスはスキポール空港
またはライデンという駅からしか出てないからなんです。

荷物を空港内のコインロッカーに預けて
シャトルバス乗り場へ行くと長蛇の列。
d0224362_23431975.jpg

バス乗り場の後ろに停まっているバンで入場券込みの
往復切符(一人 22.50ユーロ)を買って列に並び
バスに乗ります。
d0224362_23432125.jpg

バスの運行は10分ごとと書いてありますが
実際は15〜20分に一本という感じ。
d0224362_23432250.jpg

そして、スキポール空港からキューケンホフへの所要時間は
20分ぐらいでした。

さて、到着しましたよ。
d0224362_23432341.jpg

今回初めて知ったのですが
キューケンホフってチューリップの時期しかオープンしてなくて
休館日は5月20日から来年の3月中旬ぐらいまでだそうです(驚)
d0224362_23432540.jpg

そうやって良い時期に合わせて開館しているはずなのに
やっぱりお花って難しい!

今年は遅くまで寒かったので
まだつぼみのチューリップがたくさん。
d0224362_23432635.jpg

ちょっと残念でしたが、いくら満開でも雨で寒いよりは
ワタシ的には満足でした。
d0224362_23432887.jpg

一通りまわってキューケンホフはおしまい。
今度はライデン行きのシャトルバスに乗りました
(スキポール空港からの往復切符を買いましたが
ライデン行きにも乗れます)
d0224362_23432962.jpg

ライデンから電車に乗って、フェルメールが生まれ
生涯を過ごしたデルフトへ。

デルフトの駅前が大規模工事中でびっくり。
d0224362_23433178.jpg

5年ほど前にオランダ〜ベルギーの旅をした時にデルフトにも行きましたが
天気が悪く、またその時は「行けばわかるでしょ」とよく下調べもせずに
行ってしまって失敗したので、もう一度行ってみたいと思っていたのです。

前回はどこだかわからず、結局行けなかった
フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた場所へ。
d0224362_23433231.jpg

d0224362_23433432.jpg

どうですか?

次は、デルフトの大聖堂へ。
d0224362_23433338.jpg

塔には時間がないので上りませんでした。

その後はささっとランチ。
オランダ名物クロケット(コロッケ)がパンに挟まれているものと
フィッシュ&チップスを二人でシェア。
d0224362_23433531.jpg

デルフト最後の観光はフェルメールが埋葬されているという教会へ。
ここも前回は閉まっていて入れなかったのです。
d0224362_23433776.jpg

d0224362_23433833.jpg

d0224362_23433984.jpg

これで時間切れ (^_^;)
急いで駅に戻って電車に乗ってスキポール空港へ。

10年ぶりにリニューアルオープンした国立博物館にも
是非行きたかったのですが、結局アムステルダム市内には
一歩も足を踏み入れることなくイスタンブルに戻ってきました。

博物館や美術館は天気や気候に関係なく楽しめますが
チューリップが咲く公園や「デルフトの眺望」の場所は
天気がよくないと感激度が半減してしまうので
満足な駆け足一泊二日の旅となりました!
[PR]
by endo0210 | 2013-05-04 23:29 | +5月オランダ

5月2日(木)

先日のドイツ一泊二日に続いて
今度はオランダに一泊二日で来ました。

目的はキューケンホフのチューリップ。
実は、チューリップの原産国はトルコなので
オランダまでわざわざチューリップを見に行く必要はない
と思っていましたが、夫の同期の奥さんが
「キューケンホフのチューリップは一見の価値がある」と言っていたので
ならば見比べてみようとオランダまでやってきました。

が、お花の見頃の時期を狙うのってホントに難しい。


初日はイスタンブルを 14:40 に出発する飛行機に乗り
アムステルダムのスキポール空港に 17:10 に着きました。
d0224362_515228.jpg

トルコとオランダは1時間の時差があるので
実際の所要時間は3時間半。

この後、ホテルにチェックインするだけで特に予定はありません。

アムステルダム市内のホテルはめちゃめちゃ高いので
空港から電車で2駅目の郊外にあるホテルに泊まりました。
d0224362_5133973.jpg

が、ホテルは駅の隣でとても便利なのですが
まわりには駅前にカジュアルなレストラン?カフェ?パブ?が
一軒あるだけ。
d0224362_5135093.jpg

他に選択肢がないので、あまり期待もせずに
そのお店に入りました。
d0224362_514280.jpg

オランダだけどベルギービール (^_^;)
d0224362_5141298.jpg

前菜の盛り合わせ
d0224362_5142588.jpg

2杯目は地元のビールにしてみました。
d0224362_5143495.jpg

メインはステーキ。
2人でシェアすると言ったら切り分けてきてくれました!
d0224362_5144476.jpg

これで終わりにしておけばいいのに
調子に乗って本日のパスタ(野菜とチーズのショートパスタ)を
追加注文。
d0224362_5145196.jpg

でも、このお店、期待していなかった割にはまあまあ美味しかったです。
地元の人達が手軽に食べに来ているという感じで
観光客相手ではないので返ってよかったのかもしれません。

一日目はこれにて終了。
[PR]
by endo0210 | 2013-05-03 20:52 | +5月オランダ