今回、ドイツでちょっと苦労したことが2つあったので
次の機会のために書いておこうと思います。


フランクフルトの路面電車の切符の買い方

d0224362_17204317.jpg

自動販売機には英語の表記もありますが、
行先の駅のコード(数字)を入れる仕組みになっているので
「一つ目の駅」とか「3コ先の駅」という覚え方では役に立たず
ちゃんとした駅名を知っておく必要があります。
(販売機のところに路線図はなく、駅名がアルファベット順に
ずらずらっと書かれていて、駅名の横に駅コードが書かれています)
d0224362_17204552.jpg

私たちは3コ先の Varrentrappstraße駅まで
乗りたかったのですが、その駅名を探してもリストの中になく
二人で何度見直してもありません(泣)

四苦八苦して最終的にやっとわかったのは
中心部の駅には一つずつの駅コードは割り当てられてなく
全部まとめて Kurzstrecke(駅コードは97)というのを
選ぶようになっていました。

よーく見たら、駅コード97の下にこれまたずらずらと
駅名が書いてありました (^^;

わかるまで10〜15分ほどかかりました (^^;
ちなみに駅員さんはいませんでした。
人に聞いても、その人も一日券を持った観光客だったり。

ドイツでは普通の電車や地下鉄でも同じですが
改札口がないので切符がなくても乗れてしまいますが、
その代わり、車内で検察が頻繁に来て、
その時に切符を提示できなければ有無を言わさず
罰金となりますのでご注意ください。


ケルン駅構内の最新式コインロッカーの使い方

ケルン駅では進化したコインロッカーにビックリ!
d0224362_17204756.jpg

預け入れ口に荷物を入れてお金を入れると蓋が閉まって
荷物はどこか別の場所で保管される仕組みになっています。
(同じような仕組みの立体駐車場は日本でもおなじみです)

蓋が閉まったあと預かり証代わりのカードが出てくるので
荷物を引き出すときにはそのカードを機械に入れるだけ。
しかも、自分が荷物を入れた預け入れ口ではなくても
多数ある、どの預け入れ口でも OK なんです。

コインロッカーだとたくさん設置すればするほどスペースも必要ですが
これなら預け入れ口だけ作っておけば、荷物は地下とか
どこかスペースがたくさんあるところで保管できるのでいいですね。
さすがドイツ!
d0224362_1720499.jpg

ただ、使い方の説明がわかりにくかったのでここに記しておきます。
(2013年4月現在の情報です)

2時間まで: 3ユーロ
2時間から24時間まで: 6ユーロ


と説明には書いてありました。

私たちは、最初に2時間までか24時間までかを選ばなければならないと
思ってしまったのですが、そうではなくて、

最初は誰でも2時間分の3ユーロを払い、
2時間以内に荷物を引き取ればそれで OK。
2時間を超えた場合は、荷物を引き出す時に追加の3ユーロを
機械に入れるという仕組みでした。

私たちは細かいお金がなくて最初に10ユーロ札を入れたのが
間違いの元でした。

おつりにコインが4つ出てきたので、よく確認もせずに
6ユーロ支払って4ユーロのおつりが来たと思ってしまったのです。
(元々2時間以上預けるつもりだったので、
ちょっとヘンだなとは思いましたが、いきなり6ユーロ取られても
あまり気にしなかったのです)


そして、荷物を引き出すとき

カードを機械に入れても一向に出てきません。
しばらくしたらカードが戻ってきました。

親切な人が「3ユーロ払わないとダメだよ」と教えてくれましたが
私たちは既に6ユーロ払っていると思っていたので
「もうお金は払ってあるんです」などとトンチンカンな返事を
してました (^^;

そうこうしているうちに乗りたかった電車の出発時間が過ぎ、
次の電車は30分後なので、それを逃すわけにはいきません。

周りの人が次々に荷物を受け取っている中、
私たちだけ困ったなー、どうしようとあたふた (^^;
ちゃんと荷物を受け取れた人が使った預け入れ口の機械で
試してもダメ (>_<)

またしても親切な人が「3ユーロだよ」と教えてくれました。

うーん、納得いきませんが3ユーロケチったために飛行機に
乗り遅れるのも馬鹿げたことなので、半信半疑で3ユーロを
機械に入れたら、、、

荷物がすぐに出てきました!

思うに、たぶん最初に10ユーロ札を入れたときにおつりに出てきた
4つのコインは 2ユーロコイン x 3コと 1ユーロコイン x 1コの
合計7ユーロだったのだろうと思います。

これは完全におつりをちゃんと確認しなかった私たちのミスです。
おつりはちゃんと確認しましょうね (^^;

でもね、説明書きも

2時間まで: 3ユーロ
2時間以上24時間まで: 追加の3ユーロ(合計6ユーロ)

とでも書いておいてくれたらわかりやすかったのに、、、
と思いました。やれやれ
[PR]
by endo0210 | 2013-04-30 17:22 | +4月ドイツ

4月28日(日)

今日はケルンに行って、世界遺産に指定されている
ケルン大聖堂を見てからイスタンブルに戻ります。

ゆっくり朝食を摂ってからホテルを11時に出発。
d0224362_23423065.jpg

d0224362_23423141.jpg

11時29分発のアムステルダム行の ICE に乗って
ケルンまで1時間の電車の旅です。

ケルンの大聖堂は駅の真ん前にあるので
迷う人はいません(笑)
d0224362_23423134.jpg

大きい!
でも、駅の方から見た大聖堂は正面ではないんです。

早速、中に入りましがが天井が高いです。
d0224362_2354484.jpg

バイエルン窓と呼ばれるステンドグラス。
d0224362_23562412.jpg

バイエルン王のルートヴィヒⅠ世が奉納したものだそうです。
普通のステンドグラスより鮮やかでとてもきれいでした。

内部をさくさくっと見た後は、駅とは反対側に出ました。
ケルン大聖堂と言えば、これです!
d0224362_0114240.jpg

600年かけて完成した大聖堂だそうです。
すごーい。

この後は塔に上りました。
今の時代だし、ひょっとしてエレベーターあるかな?なんて
甘いことを考えていましたが、そんなはずはなく、、、(泣)
いい運動になりました (^_^;)
d0224362_0114486.jpg

ま、だいたいどこにエレベーター付けるの?
という問題がありますよね。
d0224362_0114649.jpg

d0224362_0114832.jpg

これにて大聖堂の観光は終了。
ランチタイムです。

実は目当てのお店があったのですが、
ウエイターさんの態度があまりにも酷くて
席を立って出てきてしまったので
(夫はそういう私にあたふた着いてきました〜 (^_^;)
急きょ、ガイドブックに出ていた früh というお店へ。
d0224362_0274595.jpg

夫はウエイターさんの態度が悪くてもそのお店の料理を
食べたかったようなので、、、オットよ、ごめん。

でもね、店に入って「2人です」と言ったら「どの席でもどうぞ」
と言われたので、ちょっと大きめのテーブルに座ったら
(ちなみにお客の入りは1割程度)2人なんだから
大きなテーブル(6人掛けぐらい)に座るなと言われ
OK じゃあ、どのテーブルならいいですか?と聞いたら
さーね、みたいな態度でムカーッときちゃったというわけです。
(日本だったら、申し訳ありませんが、あちらのテーブルに移って
いただけませんか?って言いますよね)

言い訳かもしれませんが、小さめのテーブルも一つだけありましたが
その席は後ろ側を始終人が通るような席だったので
座りたくなかったのです。ヨーロッパでは置き引きも多いですから。
(でも、初めに「2人です」と言ったときにその席へ案内されていたら
ちょっと嫌だなと思ってもおとなしくその席に座ったと思います)
d0224362_0274842.jpg

そんなトラブルがあったのもあり、遅めのランチが終わったのが
午後2時半ぐらい。

その後は4時過ぎの空港行き電車に乗るまで特に予定はなかったので
ライン川のほとりに行ってみることに。

下の写真に写っているライン川にかかっている橋は
鉄道が通る橋ですが、脇に歩行者用の通路もあって
大勢の人が歩いていました。
d0224362_1111780.jpg

私たちも行ってみると、フェンスに恋人達がつけた鍵がいっぱい。
日本にもこういう所ありましたよね。
d0224362_1112077.jpg

そして、橋から見た大聖堂。
d0224362_1252540.jpg

その後、空港に行くとチェックインカウンターに長蛇の列が。
d0224362_1112270.jpg

イスタンブル行かと思ったら隣のカウンターのアンタルヤ行でした。
もう夏休みですか? 早い!

でも、私も寒いところよりも暖かい(暑い?)ところのほうが好き053.gif
今年こそアンタルヤに行ってみたいです。


オマケ
d0224362_1252681.jpg

飛行機の窓からふと外を見たら、私たちの飛行機のななめ上を
別の飛行機が飛んでいました。しかも、同じトルコ航空の飛行機。
あちらの方が大きい飛行機だったので抜かされたみたい007.gif
[PR]
by endo0210 | 2013-04-29 23:17 | +4月ドイツ

4月27日(土)

毎年この季節になるとドイツの白アスパラが食べたくなる夫。

日本の会社で仕事をしていた時も
この時期になると無理やりドイツへの出張を
入れてもらっていました (^_^;)

そして、今年も行く気マンマンで昨日と今日の一泊二日で
やってきました。

が、事前の天気予報では27日のフランクフルトは雨で
最高気温は7℃(体感気温は4℃)とのこと。

ワタシ、テンション下がりまくりであまり来たくなかった〜
(夫には内緒です (^_^;)
だって、イスタンブルは毎日快晴で気温も27℃ですよ。
何故すき好んで天気が悪くて寒いところに来なきゃいけないのー?
贅沢なこと言っていることは重々承知していますが。

到着してみたら、予報通り雨降ってるし寒い!
本当に寒くてイスタンブルの方が良かったって泣きそ〜

ホテルに荷物を置いたら何は無くとも白アスパラを購入。
d0224362_17255698.jpg

こういう屋台はこの時期(4月中旬〜6月初旬?)だけの
風物詩だそうです。

その後、去年も行ったトッポジージョというイタリアンのお店へ
ランチに行ったら土曜日でランチタイムはクローズとのこと。
d0224362_17255972.jpg

寒いし雨だしお腹空いたし、またテンション下がる〜

去年も行ったパブレストランならやってるかも、とトラムで向かうも
またもや夫が降りる駅を間違えて、雨の中2駅分も歩くことに・・・

でも、お店は営業していたのでよかった〜
d0224362_1726399.jpg

正統派「白アスパラのオランデーズ・ソース」とローストポークを
2人でシェア。
d0224362_1726582.jpg

美味しくてやっと機嫌がよくなったワタシ (^_^;)
d0224362_17261162.jpg

このパブレストランのお料理は美味しくてオススメですが
結構時間がかかるので(注文してから料理が出てくるまで30分ぐらい)
急いでいる時はやめておいた方がよさそうです。

お腹が満たされて、フランクフルトで唯一の観光
「シュテーデル美術館」へ。
d0224362_17261462.jpg

マイン川のほとりにあります。
d0224362_17261684.jpg

去年はランチ後酔っ払って断念しましたが、
今年リベンジです。

フェルメール、ラファエロ、ドガ、ルノワールなどの有名どころを鑑賞して美術館のカフェでティータイム。
d0224362_17262187.jpg

二人で1個のチーズケーキをシェアしましたが
甘過ぎず美味しかったです。
最近はドイツのケーキも甘いだけではなくなったようです。

また、雨の中を徒歩でホテルに戻り、夕食までまったり。

6時半を過ぎてもお腹が空いていませんでしたが、
夫がランチ時に閉まっていたイタリアンにどうしても行きたい
と言うので(以前出張でフランクフルトに来ていたときに
よく行っていたお店なんだそうです)またトラムに乗って行きました。
d0224362_17262589.jpg

お店の中には夫が以前勤めていた日本の会社の女性陣が2グループいて
夫ガン見 (^_^;)

そうしたら顔見知りの人が一人いて
早速話しかけ (^_^;) 嬉しそうでした。
d0224362_17262932.jpg

私はワインでぐるんぐるんに酔っ払っていて
ちょっと恥ずかしかったです。

でも、溶かしバターとパルミジャーノで食べるイタリア風白アスパラも
とても美味しかったです☆
d0224362_17263245.jpg

一日目おしまい!
[PR]
by endo0210 | 2013-04-28 16:19 | +4月ドイツ