2日目の夜に行こうと思ったらオープンが8時だということで諦めた
子豚の丸焼きで有名なお店に行きました。

Botin
Calle de Cuchilleros 17
Tel: 91-3664217
営業時間: 13:00-16:00 / 20:00-24:00
年中無休


d0224362_15121359.jpg

このお店は子豚の丸焼きもさることながら、世界最古のレストランとして
ギネスブックに認定されているそうです。
d0224362_15121581.jpg

今日もコースセットをオーダーしました。

スープ、パン、メイン(子豚のロースト)、デザートに
ハーフボトルのワインもついて一人 44.5ユーロでした。

順番がヘンですが、ワインとパンとデザートのアイスクリームの写真です。
d0224362_15121479.jpg

二人ともコースセットだったので、ワインはフルボトル1本きました。

そしてスープはオニオングラタンスープ風でとても美味しかったです。
d0224362_15121627.jpg

子豚の丸焼きは本当はこういうものらしいですが、
d0224362_15122059.jpg

2人で一匹は食べられないので、一人分の量をお皿に切り分けて
持って来てくれました。これでもかなりの量ですが (^^;;
d0224362_15121773.jpg

さすがの私も全部は食べれませんでしたが、皮がパリパリで
身は柔らかくジューシーで本当に美味しかったです。

満足ランチの後はホテルに戻って荷物をピックアップして空港に向かいますが
その前に昨晩行った「ハムの博物館」というヘンな名前のお店に行って
生ハムを少し買い出していきます。
d0224362_15121868.jpg

1階は生ハム売り場 兼 立ち飲みバルになっています。

イベリコ豚の生ハムとしては最高級の bellota(日本ではベジョータ
と言うようですが、現地の人が言っているのはベローチャと聞こえました)と、
イベリコ豚ではない白豚の生ハム、セラーノを買って
家で食べ比べてみるそうです by オット。
d0224362_15121938.jpg

これにて3泊4日の初マドリード、すべての行程を終えました。

感想としては、、、

マドリードはかなり良い!

食べ物が美味しいし、プラドをはじめ美術館がたくさんあり、
人がフレンドリー&親切で街並みがきれい。

一度行けばいいね、という街ではなく
何度でもリピートしたくなる街だと思いました。

私達も今回入れなかったトレドのエル・グレコの家や、
マドリードの王宮内部の見学をいつか再トライしたいと思いますが
果たしていつになるか、、

それに、今回一度も食べるチャンスのなかったパエリヤも
食べに行きたいです (^^;;
[PR]
by endo0210 | 2013-01-30 15:41 | +1月マドリッド

1月29日

もう帰る日です。

が、イスタンブールまでのフライトは4時間弱で時差は1時間なので
夕方の便を選べばお昼過ぎまで遊べます。

今日はマドリード市内の観光です。

最初に向かったのはスペイン広場です。
ホテルからは歩いて10分ぐらい。
d0224362_822169.jpg

写真左側の高いビルは 1948年の完成当時
ヨーロッパ一の高さを誇ったマドリード・タワービルです。

こちらはドン・キホーテとサンチョ・パンサ像。
d0224362_822250.jpg

続いて、スペイン広場からも見える王宮に行きました。
d0224362_822375.jpg

普段は内部の一部を見学できますが、今日は何か公式行事があったのか
午後4時まで見学できないとのこと。
時間がないので諦めました。

王宮の真向かいにはアルムデーナ大聖堂がありました。
d0224362_822450.jpg

地下鉄に乗るためにオペラ駅まで歩きます。

マドリードにはオペラ座というのはないようですが
1850年に完成した王立劇場があります。
d0224362_822555.jpg

しかし、言っちゃ悪いですがスペインて失業率が高く
経済が停滞しているので街中も薄暗くて汚いのかと思っていたのですが
意外にきれいですっかり気に入りました。
d0224362_822693.jpg

この後は地下鉄に乗って Retiro という駅まで行って
セラーノ通りというブランド通りを歩いてみることにしました。
d0224362_822750.jpg

どうせブランドなんて関係ないと思いながらぶらぶら歩いていましたが
日本で若者に人気の CAMPER という靴屋さんでセールをしていたので
覗いたのが運の尽き。

夫が1足、私が2足買ってしまいました (^^;;

ここでショッピングタイムは終了となり、ランチに向かいます。
[PR]
by endo0210 | 2013-01-30 08:06 | +1月マドリッド

1月29日の続きです。


トレドのパラドールに到着してテラスに出てみると
素晴らしい景色が広がっていました。
d0224362_646539.jpg

P のマーク(駐車場ではなくてパラドールのロゴ)を見ると
去年アンダルシア地方のパラドールの旅に行ったことを
思い出します。

ランチは1時から営業とのことだったので
しばらく景色を眺めながらお茶をして時間を潰しました。

そして、1時の開店と共に入店 (^^;;

パラドールでランチをしようとお腹を空かせてきたので
迷うことなく34ユーロのコースランチを選びました。
d0224362_6461789.jpg

下の写真は、左側が夫が選んだもの。
そして、右側が私が選んだものです。
d0224362_6462673.jpg

どのお皿も日本に比べて量が多いですが
特に最初のスープの量は半端なく多かったです。

夫の、お豆のスープなんてラーメンの丼ぐらいの大きさでした (^^;;

でも、私のかぼちゃと長ネギのポタージュの味もよかったですし
メインの鱈のグリルも焼き過ぎずちょっと生っぽい食感も残っていて
美味しかったです。

デザートのチーズケーキも美味しくて完食してしまいました。

オープンの1時から2時半ごろまでゆっくりランチをしましたが
2時まではお客は私達だけ。
2時を過ぎてからお客さんが来出しました。
イタリアでも2時過ぎからお店が混み出したことを思い出しました。

お腹いっぱいになって、帰りの電車ではお昼寝タイム (^^;;

マドリードに戻ったのは午後4時ごろでしたが
6時になってもまだお腹空きません。

それでも、生ハムぐらいは食べたかったので
Museo del Jamon(ハムの博物館)というヘンな名前のお店に
行きました。
d0224362_6463056.jpg

スペインではバルの文化があるので
飲み物と1~2品のお料理だけでも嫌な顔をされないのがいいですね。

今晩はイベリコ豚の生ハムの中でも最高級の Bellota(ベジョータ)を
オーダーしてみました。
d0224362_6463397.jpg

最高級と言っても一皿 13ユーロ程度。
日本だったら倍はするかしら?

今まで食べたイベリコ豚の生ハムよりしっとりしていて
旨味もあり美味しかったです。

明日、イスタンブールに帰る前に買っていこう♪

そして、もう一品はまたしてもマッシュルームの鉄板焼き。
d0224362_6463751.jpg

マドリードに3泊して、3日連続でマッシュルーム食べました (^^;;

ま、トルコ料理にはあまりマッシュルームは使われてないので
いいでしょう。
[PR]
by endo0210 | 2013-01-29 16:45 | +1月マドリッド

1月29日

今日はトレドに行ってきました。

空港からのバスが着いたアトーチャ駅から電車に乗ります。
d0224362_048585.jpg

アトーチャ駅の構内は植物園のようになっていました。
d0224362_5315351.jpg

マドリードからトレドまでは電車で30分と聞いていたので
ローカル列車だと思っていたら全席指定席の
トレド行き特急(途中停車駅なし)でした。
d0224362_532131.jpg

トレド駅構内はイスラム風タイルが施された素敵な駅でした。
d0224362_6532827.jpg

駅から旧市街までは歩いて行きました。
d0224362_53241100.jpg

上り坂がキツい (>_<)
d0224362_5321277.jpg

アルカンタラ橋を渡ると旧市街ですが、街の中心まで
まだまだ上り坂が続きます。
d0224362_5322343.jpg

やっと上りきったところにサンタクルス美術館がありました。
d0224362_5323269.jpg

この美術館にはエル・グレコやゴヤ、リベーラなどの作品がありますが
特にエル・グレコの作品が多かったです。

しかし、去年から今年にかけて大阪と東京で開かれている
エル・グレコ展に貸し出されていて
展示品がないところがいくつかありました。

サンタクルス美術館の窓から見たアルカサル。
元々は城塞ですが、今は軍事博物館になっているそうです。
d0224362_5325322.jpg

続いてはカテドラルに行きました。
d0224362_53314.jpg

聖具室にはエル・グレコの宗教画やゴヤ、ティツィアーノ、
ヴァン・ダイクなどの作品が飾られていてすごい教会だーと
思いました。
d0224362_5331312.jpg

その次に行ったサント・トメ教会は元々はイスラム教のモスク
だったそうです。
d0224362_5332643.jpg

エル・グレコの傑作「オルガス伯爵の埋葬」を所蔵しているというので
行ってみましたが、入場料を払って中に入ったすぐのところに
(撮影禁止の)「オルガス伯爵の埋葬」があり、
それ以上見学できるところはなく、ちょっとがっかり。
でも、絵は大変素晴らしかったので一見の価値はありました。

最後にエル・グレコの家に行ってみましたが、
月曜日は休館日だそうで閉まっていました(泣)
d0224362_5333812.jpg

他にも見るべきところはあるのでしょうが私達はこれでおしまいにして
タクシーでパラドールに向かいました。

パラドールからの旧市街の眺めが素晴らしいとのことなので
パラドールのレストランでランチをしようと思っていました。

- 続く-
[PR]
by endo0210 | 2013-01-29 06:59 | +1月マドリッド

1月27日の続きです。


ランチをしっかり食べたつもりでしたが
炭水化物がほとんどなかったせいか
午後4時頃にはお腹が空いてしまいました (^^;;

今日の夕飯は名物の子豚の丸焼きを食べれるお店に行こうと
思っていましたが、夜8時開店ということが判明。

8時までは到底待てないので予定を変更して
ふらふら歩きながらサン・ミゲル市場に行くことにしました。
d0224362_663554.jpg

すごーく期待してカラマリや、イカ下足のフライ、
コロッケなどを買ったのですが、揚げたてではないので
イマイチでした。
d0224362_663988.jpg

サン・ミゲル市場では生ハムやオイスターなどの
冷たい食べ物を買うことをオススメします。

本当はパエリヤも買おうと思っていましたが
期待できそうにないので止めてバルに行くことにしました。

昨日の夜行ったバルの並びにお店に入って Cava で乾杯!
d0224362_66425.jpg

マッシュルームのガーリック炒めと、
d0224362_664767.jpg

鰹とピーマンのサラダを注文。

鰹とピーマンのサラダってどんなのがくるのかと思ったら
こういうのでした。
d0224362_665744.jpg

ピーマンてパプリカのことだったんですね。

サン・ミゲル市場の立ち飲み & 立ち喰いよりも
座って飲み食いできるバルの方がアラフィフにはありがたい (^^;;
d0224362_6711100.jpg

しかし、昨日行ったバルも、今日行ったバルも
日本人客がたくさんいるんです。

マドリードには日本人観光客が本当に多くてびっくりしました。
[PR]
by endo0210 | 2013-01-28 16:22 | +1月マドリッド

1月27日

マドリードの観光の目玉は何と言ってもプラド美術館です。
d0224362_553048.jpg

最近、ヨーロッパの美術館や博物館、観光名所は
事前のインターネット予約が当たり前になりました。

なので、今回も前もってネットでチケットを購入しておきましたが
オフシーズンのためか窓口もそれほど並んでいませんでした。
d0224362_553826.jpg

中は撮影禁止なので写真はありませんが、
とにかく日本人の団体ツアーが多くてビックリ。

最近はどこに行っても中国人ですが、こんなにたくさんの日本人が
マドリードに来ているとは知りませんでした。

その証拠に、プラド美術館内はスペイン語の表示の他に
英語と日本語の表示がありました。

同じヨーロッパのドイツ語やフランス語、イタリア語じゃなくて、
英語の次は日本語なんです。
恐るべし日本人パワー(笑)

スペインを代表する画家のエル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ、
そしてちょっとコアなリベーラとムリーリョの作品を中心に
見学してランチタイム。

ランチはプラド美術館内のカフェで。
ここもしっかり日本語の表示がありました。
d0224362_555331.jpg

セルフサービスで食べ物を買って席についたら
隣のテーブルから聞き慣れたイントネーションの言葉が・・・

と思ったらトルコ人ファミリーでした (^_^)

ランチのあとはソフィア王妃芸術センターへ。
d0224362_555845.jpg

ここは、どちらかというと近代美術館という感じです。
d0224362_56439.jpg

ピカソやダリ、ミロなどの作品もありますが、
一般人には理解不能なモダンアートも数多く展示されています。
d0224362_56897.jpg

ピカソのゲルニカがある部屋のみ撮影禁止で
その他はフラッシュなしで撮影できます。
d0224362_561897.jpg

d0224362_563033.jpg

足も疲れてきたのでサクサクっと見て
一旦ホテルに戻ることにしました。

今日は曇り空/時々小雨でちょっと寒かったので
手袋とマフラーを取りにホテルに帰りたかった
というのもあったので。

- 続く -
[PR]
by endo0210 | 2013-01-28 05:13 | +1月マドリッド

マドリード1日目

1月26日

午後1時25分発の飛行機でイスタンブールを出発。
マドリードには午後4時半に到着しました。

マドリードで美味しいものを食べたいので
機内食は軽めにいただきました。

空港からはバスで市内に行きます。
d0224362_17385613.jpg

車窓から見たマドリードは歴史を感じさせる街並みで
第一印象で「私、ここ 好きかも~!」と思いました。

バスの終点はアトーチャという大きな鉄道の駅です。
d0224362_17385752.jpg

ここから地下鉄でホテルの最寄駅の Sol まで行きます。

Sol 駅から地上に出たところです。
d0224362_17385858.jpg

マドリードは初めてで土地勘がないので、立地がいい!
という口コミを頼りにホテルを選びましたが
Sol駅周辺は確かに便利そうです。

プラド美術館やバルが集まるサン・ミゲル界隈も
徒歩圏内です。

ホテルにチェックインしたら既に午後6時。

お腹もすいたので、さっそくサン・ミゲル通りで
タペオに挑戦です。

タペオとは、タパスをつまみながらいくつかの店を
飲み歩くことで、通常、1軒の店では1ドリンクに
料理も一品が地元の流儀なんだそうです。

私達の一軒目は、メゾン・デル・チャンピニョンという
熱々のマッシュルームの鉄板焼きで有名なお店です。
d0224362_1739023.jpg

まずはビールに、
d0224362_1739290.jpg

名物のマッシュルームです。
d0224362_1739317.jpg

熱々のマッシュルーム美味しい!
ビールに合います。

が、空腹で他のお店に行くのが億劫になってしまったので
流儀に反してこのお店で夕食を済ますことに
してしまいました(^^;;
d0224362_1739108.jpg

アンチョビのマリネはシメサバみたいな味で
日本人の口に合います。

あとはイベリコ豚の生ハムと、
去年のアンダルシア旅行で知ったパドロン。

スペインのバルって、日本の居酒屋のように
色々なものを自分のお腹の空き具合によって
頼めるのでいいです。

それにお料理も日本人の口に合うものが多いように思います。
今晩私達が食べたものはお年寄りでも違和感なく美味しく
食べられるんじゃないかな?

帰りは、バルに行く時に見えたひときわ目立つ
サン・ミゲル市場の中に入ってみました。
d0224362_17391128.jpg

おっしゃれ~☆

生ハム屋さん、パエリヤ屋さん、オイスターバー、
イカやタコのフライのお店、コロッケ屋さん、
スイーツのお店まで入っていて、
みんなワイングラスを片手に食べ歩いています。
d0224362_17391372.jpg

明日か明後日 ここにも来たい!

マドリードはちょっと見たとこ「食」に関して
かなり充実しているようです。

これにて初日はおしまい。
いよいよ明日から本番です!
[PR]
by endo0210 | 2013-01-27 06:52 | +1月マドリッド