ヨルダンという国の名前を聞いたことはあっても
そこに何があるかなんて興味もなかったワタシですが、
予想以上に素晴らしかったです。
d0224362_2152117.jpg

特に、ワディ・ラムとペトラ遺跡は
チャンスがあるなら行く価値はあります。

今まで、人から「今まで行ったところでどこが一番よかった?」
と聞かれても甲乙つけがたく、どこか一カ所を選ぶことなんて
できませんでしたが、今ならヨルダン!と言えます(笑)


☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆


治安は維持しており、日中街中を歩くには問題ありませんが、
公共交通機関が発達していないので、ヨルダン国内を周遊する場合は
ツアーを利用した方が効率的にまわれると思います。
(公共のバスなどを使うと時間的ロスが大きい)

今回、私達が利用したのはこのツアーです。

The Jordan Explorer 5 Days / 4 Nights ← クリックしてください

1日目:アンマン空港 → ホテル
2日目:午前 アンマン市内観光、午後 ワディ・ラム砂漠ツアー
3日目:ペトラ遺跡
4日目:マダバ、ネボ山、死海
5日目:死海 → アンマン空港

(ホテルでの朝食と観光地の入場料、ガイド代込み)

出発の1週間ほど前にネットで申し込みましたが、
こちらからの質問や要望に対してメールまたは電話で素早く対応してくれて、信頼できるサイトだと思います。

もっとお金と時間に余裕があればアカバが入っている
こちらのツアーもよかったなと思いますが、
今回の4泊5日でも大満足なヨルダン旅行でした。
d0224362_21465465.jpg

ツアーとは言っても(たまたま?)私達だけのプライベートツアーだったので、各観光地での時間的融通はかなり利き、ほとんど個人旅行と同じ感覚でした。


ホテルは5つ星を希望

1泊目:インターコンチネンタル(アンマン)
インターコンチだけあってパッと見はきれい。
しかし、部屋の浴室などはよーく見ると
タイルの目地が汚れていたりして
新しいとは言えないようだった

2泊目&3泊目:BEIT ZAMAN(ペトラ)
村をまるごと改装したホテルで19世紀の石造りの住居を
コテージにしている。外観はステキだが
部屋は5つ星にしてはイマイチ。

4泊目:ホリデーイン(死海)
新しくてきれい。死海ビューの部屋で文句なし。
敷地が広く、プライベートビーチ、リゾート仕様のプール。
ブッフェレストランの食事も美味しかった


運転手兼ガイドのモハメッドさんはいつも時間どおりに
迎えにきてくれて、高速道路でもあまり飛ばさず
常に安全運転でした。
d0224362_21465522.jpg



気に入った食べ物と飲み物について

ミント入りレモンジュースはさっぱりしていて美味しかったです。
基本的にホテル以外ではアルコールがないので、
いつもこのジュースを飲んでいました。
d0224362_21465666.jpg


Umm Ali というパン・プディング
日本でカフェ・スイーツとして出しても絶対にウケると思います。
甘すぎず、シナモンが利いていて美味しかったです。
d0224362_21465754.jpg


Mosakhan
チキン、お米、野菜を煮込んだもの。
最後に泊まった死海のホテルのブッフェではお米の代わりに
ナッツや干しぶどうを使っていて見た目も味も GOOD でした。
d0224362_21465814.jpg


最後に、現地で使ったお金は二人で3万5千円ほどでした。
お土産類はほとんど買わなかったので、昼食代と夕食代、
そして各地のガイドさんやホテル、トイレでのチップがほとんどです。
私達夫婦は夜の晩酌が欠かせないので
アルコール代が高かったかもしれません (^^;;

アルコール類はアンマン空港の到着ロビーにある免税店で
入国時に買っておくとよいそうです。
ということを後で知りました(泣)

ヨルダン旅行は子連れファミリーにもオススメです。
砂漠、遺跡、海(リゾート)と毎日目先が変わって飽きません。
砂漠ツアーと海は文句無しに子供でも楽しめますし、
遺跡だって本当に広いのでハイキングです。

とても満足なヨルダン旅行でしたが、一つ残念だったのは
アカバに行かなかったこと。
「アラビアのロレンス」がアカバ攻略をしたその地を
一目見てみたかったのです。
最も、紅海に面したアカバはダイビングやシュノーケルの
ポイントとして人気があり、今はリゾートになっているそうですが (^^;;

アカバにはクルーズ船も寄港するようなので、
いつの日か行けたらいいなあ。。。
[PR]
by endo0210 | 2012-10-22 21:15 | +10月 ヨルダン

10月19日の続きです

ヨルダンの旅も終わりに近づきました。

最後に行くのは死海です。
死海と言えば地球上で最も低い海抜マイナス約420mにあり、
塩分濃度が非常に高くて生物が住めない湖として有名です。
d0224362_22231282.jpg

名前が名前だけにひっそりとした所なのかと思いきや、
おもいっきりリゾートでした。

ホテルに到着!
ホリデイインでしたが、新しくてきれいで大満足。
d0224362_22231458.jpg

到着したのが1時半でお腹が空いていたので、
部屋に行く前にランチをしました。
d0224362_22231553.jpg

そして部屋に行き、、、
d0224362_22231672.jpg

ベランダから外を見ると、
対岸にはうっすらイスラエルが見えます。
d0224362_22231727.jpg

早速 着替えてビーチに行きます!
d0224362_22231893.jpg

オット、浮きました!
d0224362_22231959.jpg

ちょっとぎこちないですが私も浮きました~
(オットのばっちい?足がどアップですが (^^;;)
d0224362_22232076.jpg

お次は泥パックです。
(アラフィフ夫婦のお見苦しい写真スミマセン (^^;;)
d0224362_22364953.jpg

いやいや、なかなか面白い体験でした。

死海の水は濁っています。
そして、舐めてみたら最初はしょっぱ過ぎて舌にピリッときますが、
その後、とても苦く感じます。

これにて死海体験終了~。

あとはプールに行って普通のリゾートです。
(馬鹿ップルでスミマセン(^^;;)
d0224362_22365061.jpg

部屋に戻って、ベランダからイスラエルに夕日が沈むのを
見ていました。
d0224362_2250265.jpg

そして、日が落ちてイスラエルの明かりが見えます。
d0224362_22502755.jpg

感動のヨルダンツアーもこれでおしまい。

翌朝、3時半起きして4時半にホテルを出て空港へ向かいました。

4泊5日と言っても実質丸3日でしたが、大満足な旅でした。

ヨルダンは予想以上に素晴らしかったです。

日本からは遠いけれど、トルコからなら時差もなく近いので、
トルコにいる日本人全員にオススメしたいです!
(マジです 笑)
[PR]
by endo0210 | 2012-10-21 21:10 | +10月 ヨルダン

10月19日

朝9時にモハメッドさんが迎えに来てくれて出発です。
d0224362_12111434.jpg

砂漠の中を3時間ほど走って着いたのはマダバという町。
d0224362_12111593.jpg

「マ」は水という意味で「ダバ」は緑という意味だそうです。
ここは昔は木や植物がたくさんあったということですが、
長い年月をかけて砂漠になってしまったのですね。

ワディ・ラムの砂漠も大昔は海の底にあったそうです。

さて、マダバにあるのはギリシャ正教の教会です。
d0224362_18283491.jpg

マダバはモザイクの町として有名で、
この聖ジョージ教会の床には6世紀のパレスチナの地図がモザイクで描かれています。
d0224362_18283592.jpg

中東 = イスラム教だと思ってしまいますが、
ヨルダン人の6%はキリスト教徒だそうです。

この後、モザイク作品のお店に行きました。
d0224362_2071040.jpg

身体障害者の方が技術を習得して
職人としてモザイク作品を作っています。

とてもステキですがテーブルなんて持って帰れないし
(保険付きで送ることもできるそうです)
お値段もそれなりに高いので(手作業で天然石を使っているので
高いのは当たり前ですが)鍋敷きぐらいの小さな壁掛けを一つ買いました。

その後は、マダバから10kmほどのところにある
ネボ山へ行きました。
d0224362_20323340.jpg

気がついたら山の上にいたという感じ。

ここはモーゼ終焉の地として知られています。
d0224362_20323521.jpg

モーゼを記念して作られた教会は現在修復中で見られず残念。
d0224362_20323662.jpg

ネボ山でモーゼは率いてきた民に、あの有名な「あれが約束の地だ」という言葉でパレスチナに向かうよう促したとのことです。

でも、今日は砂漠の砂で靄っていたので
死海やイスラエル(パレスチナ)が見えず、これまた残念。
d0224362_20323719.jpg

それでは死海に向かいましょう♪
[PR]
by endo0210 | 2012-10-20 20:53 | +10月 ヨルダン

10月18日

今日はヨルダンに行きたい!と思ったきっかけの
ペトラ遺跡の観光です。

朝8時にお迎えが来て、
ペトラ遺跡の入口まで車で5分ぐらいでした。
d0224362_14454750.jpg

チケットは1日券が 50JD(ヨルダン・ディナール)で、
日本円にして 5500円ぐらい。結構いいお値段です。
(私達はツアー料金に含まれてました)

ペトラ遺跡では遺跡内専門のガイドさんが案内してくれます。
d0224362_1446317.jpg

入口からシーク(岩の裂け目の細い道)までの1km弱を
馬に乗って行きました。
これもツアー料金に含まれていたので。
d0224362_14455941.jpg

馬から降りたらシークを歩いて行きます。
d0224362_1446785.jpg

今回は英語のガイドさんでしたが、
「お墓」とか「家」など多少の日本語も知っていて、
私達にもこれは日本語でなんて言うの?と聞いては熱心に書き取っていました。
d0224362_14461378.jpg

しかし、中国人の団体ツアーがいくつも来ていたのにはびっくり!

ただ、ヨルダンの観光客は圧倒的にアメリカ人とドイツ人が多いです。

そして、、、見えてきました。
エル・ハズネです!
d0224362_1446304.jpg

インディジョーンズの世界。
d0224362_14465039.jpg

わぁ~ 大きい!
2500年も前にこんなものを作ったナバタイ族ってすご過ぎる!

こんな山の中に秘密の王国があったなんて誰が想像したでしょう。
d0224362_03040.jpg

エル・ハズネでしばし撮影大会をした後、更に奥へと進みます。
d0224362_03380.jpg

こういうのは全てお墓だそうです。
d0224362_03583.jpg

柱廊と凱旋門です。
d0224362_03874.jpg

ラクダの形をした岩。
d0224362_031741.jpg

ガイドさんの案内はここで終了。
ありがとうございました。

あとは二人で更に奥へ。
d0224362_032059.jpg

最後の方は登り坂がきつくて息切れしましたが、
帰り道の人達が口々に、あと15分だよとか、
この坂を登ったらあとは楽だよとか声をかけてくれるので
頑張って上りました。

そして、エド・ディルに到着!
d0224362_032519.jpg

ペトラ遺跡には多くの観光客がきていますが、
ここまで来る人は1/3もいないんじゃないかと思います。

エド・ディルの真ん前のカフェで一息。
ヨルダンで定番のレモンミントジュースはさっぱりしていて
気に入りました。
d0224362_0233743.jpg

私達はここで引き返しましたが、
もっと奥まで行く人もいます。

日程に余裕があれば、2日券や3日券を買ってハイキングをするのも
楽しそうです。ペトラ遺跡はとにかく広いので。

ただし、元々何色だったかわからないほど
靴が真っ白になりますのでご注意を。
[PR]
by endo0210 | 2012-10-20 00:28 | +10月 ヨルダン

10月17日の続きです

モハメッドさんの車はアンマン市内から出て、
郊外の(高速道路かどうかわかりませんが (^^;;)道を走ります。

ヨルダンは国土の85%が砂漠なんだそうです。
d0224362_1551914.jpg

ヨルダンの家って後で2階を作れるように?
こんな家が多いです。
d0224362_1552798.jpg

途中でお昼時になったので、
道路沿いのお店でサンドイッチを買って食べました。
d0224362_1554699.jpg

トイレもお借りしましたが、きれいに掃除してありました。

さて、ワディ・ラムを目指して再び出発!

私達がお昼寝タイムをしている間に風景が変わっていました。
d0224362_1555786.jpg

そして、ワディ・ラム自然保護区に到着。
d0224362_1561050.jpg

4WDに乗り換えて砂漠の中に入って行きます。
d0224362_1561633.jpg

まずは、七つの知恵の柱(Seven Pillars of Wisdom)
d0224362_1562364.jpg

写真ではわかりませんが、圧倒される大きさです。

この後はもうどこかの惑星に行ったかのような景色ばかり。
d0224362_1565872.jpg

ここは月ですか~?なんてね(笑)
一つ一つの山はかなり高くて大きいです。
d0224362_157788.jpg

感動もんです
d0224362_1572832.jpg

もう一枚写真載せちゃお (^^;;
d0224362_1582976.jpg

別のグループ
d0224362_1584641.jpg

結局、2時半から6時まで3時間半も 4WD の荷台に乗って砂漠を走りましたが、ぜんぜん飽きることありませんでした。
d0224362_1585861.jpg

素晴らしい経験でした。
d0224362_1591678.jpg

このあと、ペトラに向かい、モハメッドさんオススメのレストランで夕食を摂ってホテルに入りました。
d0224362_1593474.jpg

長い一日でした。
[PR]
by endo0210 | 2012-10-19 14:44 | +10月 ヨルダン

10月17日

アンマン市内の観光はガイドブックを見ても、
それほどの見どころはないようです。

そんな中でもアンマン城は高台にあって見晴らしがいいので、
一番の人気スポットになっています。
d0224362_13115369.jpg

こちら側からは古代劇場も見えます。
d0224362_1312171.jpg

遠くからワイワイがやがやと子供達の声が聞こえてきました。
学校の社会科見学のようです。
d0224362_1312560.jpg

とてもとても人懐こくて、遠くから大きな声で「ハロー!」とか
「What's your name?」とか話かけてきます(笑)

近くまで来たらカメラの前でポーズをとってくれました。
d0224362_1312889.jpg

さて、肝心のアンマン城はどうなっているのかというと、
d0224362_13121928.jpg

ヘラクレス神殿の跡があるだけ・・。

入場料に含まれている博物館もちょっとだけ覗いてみました。
d0224362_13122469.jpg

4万年~1万年前の石器時代の出土品や頭蓋骨などがありました。

アンマン城の後は市内に戻って古代劇場に行ってみましたが、
修復工事中で中には入れませんでした。
d0224362_13122814.jpg

街中の様子です。
d0224362_13124258.jpg

ヨルダンのブルーモスクと中央銀行(車窓から)
d0224362_23195518.jpg

こちらはアンマンのお金持ちが住むエリア。
スターバックスもあります。
d0224362_2320659.jpg

ドライバー兼ガイドのモハメッドさんに寄れば、
ヨルダンにはお金持ちと貧乏人のどちらかしかいないとこと。

石油が出ないヨルダンでお金持ちはどのようにしてお金持ちになったかと言うと、ほぼ全員が土地成金なんだそうです。

さて、さくさくっと観光を済ませたら、モハメッドさんのお宅へ。
な~ぜ~?
d0224362_23201436.jpg

実は昨日、モハメッドさんから(2日目に私達はワディ・ラムという砂漠に行くことになっていたのですが)自分の妻を連れて行ってもいいか?(私達の車に同乗していいか?)と打診を受け、もちろん OK と返事していたのです。

モハメッドさんのお宅では奥さんにミント入りの紅茶と
お菓子をご馳走になりましたが、
この紅茶がとても美味しかったです。
d0224362_23203494.jpg

普通の紅茶にフレッシュミントの葉を好きなだけ入れて煮出すだけなので、今度うちでもやってみよう♪

ヨルダンではごく一般的な紅茶の飲み方なんだそうです。

お茶をご馳走になった後は、ワディ・ラムに向けて出発です!
[PR]
by endo0210 | 2012-10-18 04:47 | +10月 ヨルダン

感動のヨルダン1

10月16日

イスタンブール19:50発の飛行機が遅延して
搭乗開始をしたのが20:15。

何とか1時間遅れぐらいで出発できるかと思ったら、
乗客の黒ずくめアラブ人女性が飛行機から降ろされて、
その後、機内の頭上のロッカーに入っている荷物の持ち主確認をして
やっと出発。(でも、何だったんだろう。ちょっと恐い)

おまけにシリアの上空を避けてエジプトの方まで行って
Uターンしてきたので、定刻より2時間も遅れて23:45に
アンマンのクィーン・アリア空港に到着しました。

ツアー会社の人とも無事会えてホテルに向かいました。
(でも、夫の名前の敬称が何故か Ms になっていました 笑)
d0224362_12475363.jpg

今回の旅行では4泊5日の現地ツアーを利用することにしました。
出発の1週間ほど前にネットで申し込みましたが、
こちらからの要望や質問に対してすぐにメールまたは電話で返事が来て、
対応はなかなかよかったです。

アンマンの空港から市内までは車で40分ぐらい。

ホテルに着いてシャワーを浴びて寝たのが午前2時でした。

翌朝起きてみたら外はこんな感じでした。
d0224362_12475740.jpg

朝食を摂って、午前9時にドライバー兼ガイドさんの
モハメッドさんとロビーで落ち合い
いよいよ観光のスタートです!
[PR]
by endo0210 | 2012-10-18 03:45 | +10月 ヨルダン

ヨルダンに行ってきます

今晩から4泊5日で中東のヨルダンに行ってきます。

シリア、レバノン、イラク、イスラエルなどの物騒な国と
国境を接していますが
ヨルダンはトルコと同じ程度に治安がよく、
観光客も欧米人を中心に多く訪れているそうです。

イスタンブールからは通常2時間のフライトで時差はありません。
(現在はシリア上空を飛ばないルートに変更されているので
迂回して2時間半ぐらいかかるようです)
d0224362_13482017.jpg

映画インディジョーンズの3作目「最後の聖戦」で
聖杯が隠された場所として出てきたペトラ遺跡のエル・ハズネは
あまりにも有名です。

映画「アラビアのロレンス」は大好きで何度も観たので
ベドウィン族、ワディ・ラム、アカバなどもとても楽しみです。

夫がインディジョーンズ ファンで、
私はアラビアのロレンス ファンです。(^^;;

最後はどんなカナヅチでも浮いてしまうという死海にも行きます。

現地からアップできるかどうかわかりませんが、いってきます!
[PR]
by endo0210 | 2012-10-17 00:23 | +10月 ヨルダン