カテゴリ:+8月オーストリア( 6 )

ザルツブルクへ 6

8月19日の続きです

午後はヴォルフガング湖の対岸にある
ザンクト・ギルゲンという街に行ってみました。

本当はグムンデンというところに行ってみたかったのですが、
お目当てのグムンデン焼きの陶器工場とショップが日曜日はお休み
ということが判明したので諦めました。

湖畔は水着姿の人々でにぎわっていました。
d0224362_3425822.jpg

ザンクト・ギルゲンはモーツアルトの母が生まれた街であり、
姉のナンネルが嫁いだ街でもあります。

街の中心にはモーツアルトの泉があります。
d0224362_41232.jpg

幼いモーツアルトがバイオリンを弾いている姿だそうです。
d0224362_412548.jpg

ザンクト・ヴォルフガングでは登山電車でしたが、
ザンクト・ギルゲンではロープーウェイに乗って
ヴェルファーホルンという山の山頂に行ってみます。
d0224362_412654.jpg

ヴォルフガング湖では昨日もたくさんのパラグライダーを見ましたが、
ここから飛び立っていたんですね。
d0224362_420482.jpg

気持ちよさそうだけど、、、
d0224362_420590.jpg

私には勇気ないなあ
d0224362_420691.jpg

夫も絶対に嫌だそうです(笑)

さて、しばしパラグライダーが飛び立つところを見たあとは
またロープーウェイで下に戻り、モーツアルトハウスに行きました。
d0224362_4325947.jpg

ここはモーツアルトの母アンナの生家です。
きれいに修復して博物館になっていますが、
あまり流行ってないような・・・
d0224362_433257.jpg

私達以外に来館者はおらず、
30分間もの(長過ぎ〜)日本語のビデオを見せてくれました。

この後はザルツブルクに戻って一泊。
そして、翌朝、更にミュンヘン空港まで戻って
イスタンブールに帰ってきました。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-23 04:15 | +8月オーストリア

ザルツブルクへ 5

8月19日

今日もよい天気です。
d0224362_16271414.jpg

夕べはサンクト・ヴォルフガングの湖に面したペンションに泊まりました。

到着した時はまだ明るかったので、湖で子供たちがキャーキャーと楽しそうに遊んでいました。
d0224362_16271565.jpg

暗くなってからは湖の向こう岸で花火をやってました。

さて、今日も朝から出発です。

9:15発の登山電車に乗るためにペンションを8:45に出ました。
d0224362_16271789.jpg

シャーフベルク山の頂上からはヴォルフガング湖、アッター湖、昨日行ったモント湖が見えて 360° の大パノラマが広がっています。
d0224362_2221052.jpg

ほとんどの人はトレッキングシューズまたはスニーカーを履いていたので、ゴム草履の私って場違いだったかも・・と不安になりましたが、登山電車で往復する場合はゴム草履でもぎりぎり OK でした。トレッキングシューズの人は帰りはハイキングしながら下山するようです。
d0224362_222863.jpg

この赤い登山電車もサウンド・オブ・ミュージックに出てきました。

1時間ほど山頂で景色を堪能して10:55分の電車で下りました。やはりハイキングをする人が多いようで、帰りの電車は空いていました。

戻ってからサンクト・ヴォルフガングの街の中心を歩いてみました。
d0224362_22185737.jpg

民族衣装はお土産用と思いきや、普通に着ている人も結構いました。
d0224362_2219127.jpg

街のシンボルの教会です。
d0224362_2219353.jpg

巡礼教会として知られているそうです。

さて、サンクト・ヴォルフガングでランチを済ませて次の街へと向かいます。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-22 00:34 | +8月オーストリア

ザルツブルクへ 4

8月18日

今日はザルツカンマーグートへ行きます。

旅行会社のパンフレットで見たハルシュタットにはずーっと憧れていたので、本当に行けるんだと思うとわくわくします。

が、その前に夫の希望で、サウンド・オブ・ミュージックでマリアがいた修道院に行ってみました。
d0224362_703757.jpg

高台にあって眺めはいいですが、延々と階段を上るので息がきれます。

さて、いよいよハルシュタットに向けて出発です。
d0224362_703893.jpg

今回はお天気に恵まれたので、本当に景色がきれいです。
d0224362_703995.jpg

途中、多少の渋滞がありましたが、お昼前に到着。

ハルシュタットと言えばこの景色です。
d0224362_704050.jpg

憧れていた場所に来れて嬉しいです。

写真撮影大会のあとは、道端のお店でソーセージ&フライドポテトの昼食を済ませて
d0224362_710961.jpg

ケーブルカー乗り場へと急ぎます。
d0224362_7101061.jpg

日本ではハルシュタットと言えば先ほどの美しい景色ですが、実は塩坑が有名です。

ケーブルカーを降りてから更に10分ほど山を登って塩坑の見学ツアーが出発するところまで行きます。

無料で貸してくれる作業着を着て、ガイドさんに着いて塩坑の中に入って行きます。
d0224362_1413787.jpg

中は冷んやりしていて、外が暑かったので最初は気持ちいいのですが、段々と寒くなってきました。ガイドさんのお話では塩坑の中は摂氏8度だそうです。
d0224362_1413882.jpg

入口から10分以上歩いたところから見学スタートです。

途中の移動に滑り台があったり、どのようにして岩塩ができたかのビデオを見せてくれたりと飽きないよう楽しませてくれました。

1時間20分ぐらいの塩坑ツアーが終わって外に出ると明るく開放感があり、やっぱり外はいいな。
d0224362_14131068.jpg

お茶をして下に降りたらもう4時半。

さて、今日の宿泊地のサンクト・ヴォルフガングを目指して行きましょう。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-21 01:39 | +8月オーストリア

ザルツブルクへ 3

8月17日の続きです。

午後はサウンド・オブ・ミュージック ツアーです。日本語は満席とのことで、英語のツアーに入りました。

ホテルに迎えが来て集合地に行き、そこで各コースごとのバスに乗り換えます。
d0224362_214828.jpg

サウンド・オブ・ミュージックは、特にアメリカ人と日本人に人気があるようです。オーストリア人はあまり知らないと言ってました。
d0224362_215073.jpg

私は「ドレミの歌」は子供の頃から知ってましたが、それが映画の中で歌われた曲だと知ったのはずいぶん後のことでした。

まずは、トラップ邸として使われたレオポルツクロン城。現在は個人の所有だそうです。
d0224362_215184.jpg

実は、この隣にはスライダーもある大きなプールがあって、市民がリゾート気分を満喫していました。

次に訪れたのはヘルブルン宮殿の庭園にあるガラスの家(ガゼボ)。
d0224362_215257.jpg

「もうすぐ17歳」を歌うシーンに使われましたが、映画のシーンはここではなく、後に今の場所に移設されたそうです。

このあとはザルツブルクから離れて郊外のきれいな景色を眺めながら
d0224362_215352.jpg

ザルツカンマーグートのモントゼーに到着。
d0224362_215428.jpg

ここには映画の中でマリアとトラップ大佐の結婚式に使われた教区教会があります。
d0224362_215552.jpg

モントゼーでは1時間の自由時間がありました。
d0224362_215628.jpg

帰りは車中でサウンド・オブ・ミュージックの曲を流したり、映画に関するビデオを見せてくれました。

ザルツブルクの人口は15万人ほどですが、サウンド・オブ・ミュージックのためだけに年間36万人もの人が世界中から訪れるそうです 。映画が公開されてから45年経っても尚人気が衰えることがないのは奇跡だと言ってました。

私は映画はテレビで放映されたのを何度かサラッと見た程度でしたが、今度じっくり観てみようと思います。

ツアーの終点はミラベル宮殿。
d0224362_215799.jpg

ミラベル宮殿のこの噴水と階段のところで有名な「ドレミの歌」が歌われました。
d0224362_215956.jpg

ド♪ レ♪ ミ♪
d0224362_22033.jpg

やっぱりサウンド・オブ・ミュージックをじっくり観なきゃ!

これにてザルツブルクの観光はおしまい。

ちょっと小腹が空いたので、老舗カフェのトマセリで休憩。
d0224362_22152.jpg

そして、オット希望のディナー・コンサート。
d0224362_22338.jpg

モーツアルトのオペラからのアリアや、お馴染みのアイネ・クライネ・ナハトムジークなど初心者向きで楽しめました。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-20 02:15 | +8月オーストリア

ザルツブルクへ 2

8月17日

昨日は夜7時半ごろザルツブルクに到着し、夕飯もホテルのレストランで摂ったので何もわかりませんでしたが、今日は快晴です!よかった~
d0224362_1430165.jpg

ザルツブルク市内の見所はすべて徒歩圏内なので、午前中は自分達で市内観光をして、午後は1965年の映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった場所を巡るバスツアーに参加しました。
d0224362_14301713.jpg

市内観光は、るるぶのザルツブルク散策コースに従って歩いてみます。

1 モーツアルト広場
d0224362_1623350.jpg

2 続いてレジデンツ広場
レジデンツの中には入りませんでした。
d0224362_1623484.jpg

3 その後、高台に立つホーエンザルツブルク城へ
d0224362_16223751.jpg

ここは昨日のノイシュバンシュタイン城と違ってケーブルカーですいすいっと行けるので楽です。
d0224362_16223997.jpg

4 サンクト・ペーター教会とその内部です。
d0224362_16224072.jpg

教会の隣にある墓地にはモーツアルトの姉ナンネルやハイドンの弟ミヒャエルのお墓があるそうです。
d0224362_16224148.jpg

この墓地はサウンド・オブ・ミュージックのロケにも使われたそうです。

5 大聖堂
d0224362_16224218.jpg

内部です。
d0224362_16224392.jpg


6 祝祭劇場を外から見たところ
d0224362_16224474.jpg

ガイドツアーに参加しないと見学はできません。サウンド・オブ・ミュージックで名曲エーデルワイスを歌った劇場です。

7 ゲトライデ通り
d0224362_16374381.jpg

旧市街随一の目抜き通りで、狭い道にショップがたくさんあってゆっくりウインドーショッピングをしたかったのですが、時間がないので素通り(涙)

8 モーツアルトの生家
d0224362_16374540.jpg

モーツアルトはこの家で生まれて7歳まで住んでいたそうです。1階は日本にもある SPAR というコンビニが入っているところが現代ですね。

9 モーツアルトの住居
d0224362_16374572.jpg

モーツアルトが17歳から住んでいた家です。前出の生家に比べてとても大きな家です。この家で数々の名曲が生まれました。

10 三位一体教会
d0224362_16374769.jpg

天井画が美しいバロックの教会とのことですが、入口部分までしか入れないようになっていました。
d0224362_16374846.jpg

これにて午前の観光はおしまい。

近くのカフェで軽く昼食を済ませてホテルに戻ります。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-19 03:14 | +8月オーストリア

ザルツブルクへ 1

8月16日

娘が帰ってから中一日置いて、オーストリアのザルツブルクに来ました。

イスタンブールからはドイツのミュンヘンに飛び、ミュンヘン空港でレンタカーしましたが、ミュンヘンは土砂降りの大雨・・・。

去年7月のスイス旅行の悪夢が蘇ってテンションが下がりましたが、とりあえずザルツブルクとは逆方向のドイツのノイシュバンシュタイン城に向かって出発。

写真を撮る気にもならないほどの大雨でしたが、ノイシュバンシュタイン城に着くころには止んでくれました。
d0224362_7501616.jpg

チケット売場は長蛇の列でしたが、私達は事前にネット予約をしておいたので列ぶことなくすんなりチケットを受け取ることができました。
d0224362_7501728.jpg

しかし、私は知らなかったのですが、チケット売場があるとこらへんからお城まで歩いて30分ほどかかるんですね。
d0224362_7501818.jpg

バスや馬車もありますが、どちらもすごい行列なので運動も兼ねて歩いて行くことにしました。
d0224362_7502077.jpg

30分間ずっとこのような上り坂が続きます。
d0224362_7502141.jpg

結構キツかったですが、登り切りました!
d0224362_7502255.jpg

実は、ノイシュバンシュタイン城は現在外壁の修復工事中で、一部カバーがかかっているとネット予約をする際に注意があったので、あまり期待していませんでした。

ノイシュバンシュタイン城から見たホーエンシュバンガウ城です。
d0224362_7502369.jpg

ノイシュバンシュタイン城の中は撮影禁止だったので写真はありませんが、お城の中に洞窟があったり、奇抜な色使いの内装だったりと趣味が悪いと言われていることにちょっと納得しました。

日本語のオーディオガイドを聞きながら城内を見学した後は、マリエン橋に行ってみました。
d0224362_815513.jpg

すごい人です!
橋が崩落するようなことがあったら、、、と思うと恐かったです。

それでも、素晴らしい眺めでした。
d0224362_815622.jpg

ノイシュバンシュタイン城と言えば、このショットです。

マリエン橋から見えるところには工事用カバーがかかってなかったのでよかった~

この後、ザルツブルクに向かいました。
[PR]
by endo0210 | 2012-08-18 07:01 | +8月オーストリア