ボドルム

一昨日ボドルムからイスタンブールに戻りました。

昨日はまたまた夫の先輩3名&後輩1人(今まで来た人と違う人達)、
そして日本から出張中の方1名の合計5人を我が家にお招きしました。
飯炊きおばさん頑張っています(笑)。

そして、今日から夫はカナダのトロントへ出張なので、
私は久しぶりにサバイバルな留守番生活です。(^^;;

さて、先日のボドルムへの旅行で撮った写真を
少しアップしたいと思います。

まず、こちらは空港からボドルムの街までのバスの中から撮った写真です。
d0224362_20565295.jpg

これはオリーブの木です。
海に出るまではこんな風にオリーブ畑が続いていました。

こちらはホテルから見たボドルムの景色です。
(ボドルムでは建物は白じゃなければいけないらしいです)
d0224362_20565736.jpg

上の写真で真ん中に見えているのはボドルム城です。
d0224362_20565726.jpg

コス島のお城と同じくヨハネ騎士団が築いたもので、
元々は聖ペトロ城と呼ばれていたそうです。

海沿いの遊歩道はのんびりお散歩を楽しむのによさそう。
d0224362_20565877.jpg

ヨットもたくさん停泊していました。
d0224362_20565921.jpg

そして、至るところでブーゲンビリアが咲き乱れていました。
d0224362_2057078.jpg

こちらは海沿いのお店で食べたカラマリと
お魚のフライです。
d0224362_2057015.jpg

何という魚かはわかりませんでしたが、
ちょっと赤い色をしていて、
沖縄のグルクンを小さくしたような感じでした。
d0224362_205713.jpg

たまたま入ったお店でしたが、
確か、創業50年ぐらいで、創業者と思われるおじいちゃんが
第一線は退いたものの、お店の片隅に座って目を光らせていましたよ。
d0224362_205721.jpg

パンが乾燥して固くなっていたので替えて欲しいと頼んだら、
おじいちゃんが横から出てきてウエイターさんに何かを言って、
その後、フカフカのパンを山盛り持ってきてくれました。
そして、私達が美味しいと言ったら、嬉しそうにニコニコしていました。

ボドルムとコス島、
私達の印象としては、コス島が江ノ島で
ボドルムは大磯っていう感じかな?

コス島は昔からの庶民的な観光地 兼 リゾート。
ボドルムは観光地と言うよりも別荘地のようなところで、
派手さはないけれどステキな街でした。

ネットで色々と見ていたら、
アテネからイスタンブールまで7日間で、
私が是非行ってみたいと思っているサントリーニ島とミコノス島、
そしてトルコのボドルムとクシャダス(こちらも高級リゾートらしい)に寄港するクルーズがあるようなので、いつか是非行ってみたい(乗ってみたい)と思ったのでした。
[PR]
by endo0210 | 2011-06-25 19:54 | +2011.6 ボドルム

ホテルの朝食

今日も◎の快晴です!
d0224362_1671491.jpg

プールサイドで朝食をいただきますよ~
d0224362_1672516.jpg

d0224362_1673256.jpg

d0224362_1673881.jpg

朝から肉までガッツリ ^^;
サラダはレタス、キュウリ、トマトの他に
フレッシュミントとイタリアンパセリもたっぷり添えて・・
d0224362_1674211.jpg

そして、トルコと言えばシミット。
もちもちしていて美味しー。
d0224362_1674546.jpg

こちらは、ハチミツの中にピスタチオが入っています。
d0224362_1674899.jpg

さて、チェックアウトまでプールでのんびりです。
d0224362_1674913.jpg

エーゲ海リゾート、ハマりそう。
[PR]
by endo0210 | 2011-06-23 15:07 | +2011.6 ボドルム

日帰りでコス島へ

ここは本当に朝から晩まで全く雲がないんです!
乾燥しているってことですね。

~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~ ● ~

コス島って聞いたことあるような無いような・・・。
d0224362_222383.jpg

有名なロードス島があるドデカニサ諸島の中では
ロードス島に次いで観光客が多い島だそうです。
そして、医学の父ヒポクラテスの生地なんですって。
d0224362_222587.jpg

地図を見ると、トルコが領有権を主張しても文句が言えない程
トルコ本土(ボドルム)に近いです。(例えれば、佐渡ヶ島が
ロシアだというようなものです)
d0224362_222680.jpg

ボドルムからコス島までは私達が乗った船で片道1時間、
高速艇だと20分しかかかりません。

トルコ出国もギリシャ入国も和気あいあいです(笑)
d0224362_222725.jpg

着いたら先ずはユーロを手に入れて、
聖ヨハネ騎士団の城塞を見学しました。
d0224362_222924.jpg

パパッと見るつもりが、意外と広くて
思ったより時間がかかってしまいました(泣)。
お腹すいた~。

お待ちかねのランチです!
d0224362_2112913.jpg

ギリシャの前菜盛り合わせと、
d0224362_223066.jpg

グリーンサラダ&ガーリックブレッド
d0224362_223183.jpg

そして、メインも盛り合わせを注文。
d0224362_223295.jpg

前菜にもメインのお皿にも乗っている何かの葉っぱに
包まれている食べ物は、ドルマデスと言って、葡萄の葉に
ご飯が包まれているものです。因みに、トルコにも同じ食べ物があり
ヤブラック・サルマスと呼ばれています。
葡萄の葉っぱってお茶っ葉みたいなちょっとほろ苦い味がして
美味しいです。

さて、お腹が膨れたので、腹ごなしに歩いて次の見どころへ。
d0224362_223365.jpg

古代劇場です 。
d0224362_22349.jpg

ボドルムにも遺跡や古代劇場はあるので、
このエリアでは珍しくもないのですが、
せっかく来たので。^^;

さて、これにて観光は終了!
帰りの船の出港時間までしばし休憩です。
d0224362_223546.jpg

コス島、なかなかよかったです。
ボドルムまで行く機会があれば、コス島に行く価値は
あると思います。(アテネからだと飛行機で1時間、
船だと直行はなくて、経由して12時間だそうです)
[PR]
by endo0210 | 2011-06-22 21:49 | +2011.6 ボドルム

ボドルムというトルコのリゾートに来ています。

日本でうっとおしい梅雨を過ごしている人には申し訳ないほど
カラッと晴れています。

この辺は地中海気候で、
6月から10月ぐらいまでは雨はほとんど降らず
快晴が続くそうです。

湿度は低いですが、とにかく日差しが強い!(>_<)

今日は日帰りでギリシャのコス島へいってきます。
d0224362_15234443.jpg

出国手続きを終えて船に乗り込み、まもなく出港です。

船内はフランス語、ドイツ語などが飛び交っています。
あとは、北欧からの観光客が多いように感じます。
[PR]
by endo0210 | 2011-06-22 15:14 | +2011.6 ボドルム

着きました~

d0224362_19402677.jpg

気温は摂氏36度!!

湿度は低くてカラッとしていますが、
日差しは強いです。
[PR]
by endo0210 | 2011-06-21 19:38 | +2011.6 ボドルム

これからトルコのエーゲ海リゾートに
行ってきます。

イスタンブールから飛行機で1時間15分。

ギリシャのコス島まで船で1時間、
ロードス島までは2時間のところに
位置してるそうです。

楽しみ~。
[PR]
by endo0210 | 2011-06-21 16:56 | +2011.6 ボドルム