日本に完全帰国して1週間が経ちました。

イスタンブルでは郊外に住んでいたこともあり
のんびりと過ごしていましたが、日本に帰ってくると
何でこんなに忙しいの???と思うほど、忙しくて
家の中はごちゃごちゃだし(^^;、まだ友達にも連絡して
いません。

今までは帰国時に忙しくても、またイスタンブルに行けば
のんびりできるんだから頑張ろう!って思えましたが
暴走オットがどんどん予定を入れてしまうし(^^;
先が見えません(>_<)

でも、そんな毎日でもとにかく記録に残しておきたい
と思っています。(そうじゃないとどんどん忘れちゃうので(^^;)

というわけで、これを機に新しいブログに移行することにしました。

リタイア夫と空の旅、海の旅、二人旅
http://retireotto.exblog.jp/


今まではなるべく毎日更新してきました。

が、新しいブログは自分の備忘録として主に旅の記録にしようと
思っているので、今までより更新頻度は落ちるかもしれません。
(でも、暴走オットがどんどん予定を入れております(^^;)

よろしかったら、今後ともお付き合いのほどよろしくお願い致します。
[PR]
by endo0210 | 2015-10-08 07:38 | ご挨拶/つぶやき

ワタシ流ダイエット

トルコで増えた4キロを落として、更に0.5キロマイナス
というところまできました*\(^o^)/*
(おおよそ、、ですが)

しかし、生後3週間の我が家のベビーを見ていると
こんなの一人分以上のお肉をつけていたんだなーと(^^;;
我ながら驚きます(笑)

できれば このまま あと3キロ落として
1〜1.5キロのリバウンドで落ち着かせたいと思っているので
まだまだ気を抜かずに頑張ろうっと。

ダイエット方法は人それぞれだと思いますが
私の場合は食べる量の調節に尽きます。

炭水化物抜きをやろうが、運動をしようが
今まで通り食べていては全く減りません(^^;;

歳と共に基礎代謝が減っているので、食事量は
今までの半分ぐらいに抑えて、あとは運動です。

歳と共に筋力も衰えていて、少しでも身体を引き締めるためには
運動は必須。(脇とか背中のお肉は運動でなくなります。
お腹はいくら腹筋を一生懸命やってもなかなか凹みませんが(^^;;)

歳をとると痩せてるだけではダメなんですね〜

と言うわけで、ワタシ流ダイエット

★ 食べる量は意識して減らす
★ 運動(筋トレ&有酸素)は嫌々ながらでも(^^;; やる
★ アルコールはOK(但し、焼酎、ウイスキー、たまに赤ワイン)

こんな感じです。

私の場合、胃が丈夫で、無理すれば食べれちゃうので
食べる量に関しては本当に意識しないと(^^;

ダイエットに成功した方が「胃が小さくなった」とか
「甘いものが欲しくなくなった」とか言いますが
私にはあり得ません!

テレビで大盛りの天丼とか見ると「食べたーい!」と思ってしまうし
パフェとかも目の前に出されたら拒むなんて絶対に無理だし(^^;;

そういう私なのでストレスにならないためにも
食べ物とアルコールは、たまには自分へのご褒美が必要かなと思います。

だけど運動だけは嫌々ながらでも一生続けなければいけないと
思っています。
[PR]
by endo0210 | 2015-06-14 08:27 | ご挨拶/つぶやき

ご無沙汰しました(*^^*)

ご無沙汰しました。

おかげさまで夫は術後の経過も順調で、とても元気です。
仕事は3か月間の病欠になりましたが、夫は3か月間の
休暇がもらえたと喜んでおります(^^;

そんなわけで、どこかに旅行でも、とも思いましたが
まだトルコもヨーロッパも気候がイマイチなので
寒いの大嫌いなワタシは気分が盛り上がらず(笑)
日本に帰ることにしました。

日本に帰れば色々と雑用もありますしね。

で、帰ると決めてからは日本に持って帰る物を選別したり
荷物を詰めたりで、何となく気ぜわしくてブログまで
辿りつけませんでした。

来週日本に帰ったら、しばらく日本の生活になるので
ドキワク・イスタンブルなブログは書けなくなってしまい
(今までもほとんど旅行ブログでしたが(^^;)
不定期な更新になってしまうかもしれませんが
日本からも近場へのお出かけはするかもしれませんし(^^;
今後ともどうぞよろしくお願いします
[PR]
by endo0210 | 2015-03-05 15:34 | ご挨拶/つぶやき

またか

昨日、テレビを観ながらだらだらしていたら
ミヤネヤが終わる直前に、日本人がイスラム国に拘束されていて
YouTube に殺人予告が投稿されているというニュース速報が
入ってきました。

その時点では今ひとつイメージが掴めませんでしたが
その後のニュース番組で YouTube の映像を観て、正直、

ああ、またか、、、と思いました。
この「またか」は絶望と、やりきれない怒りです。

日本で大きく報道されたかどうかわかりませんが
トルコでは CNN ばかりを観ている私は、去年の夏から何度も
オレンジ色の服を着て砂漠にひざまずかされている人質を
見てきました。そして、黒装束の男は
今まで見たビデオの中の男と(人質を斬首した男と)
同一人物だと一瞬でわかりました。

もうたくさんだという気持ちで、テレビを消し
今の報道は夢であって欲しいと思いながら
外へ、買い物に出かけました(現実から逃避しました)

その後もニュース番組は見れませんでした。

日本人とかアメリカ人とかイギリス人とか人質が何人でも
関係ない。もう止めてほしい。ただそれだけです。

日本は莫大な身代金を払うつもりはないでしょうから
(正直、そんな莫大なお金があるなら我が国の高齢者福祉に
使ってほしい)交渉で頼れるのはトルコじゃないかなと
私は思っています。

日本にいる限りは今のところ平和ですが、そのうち
日本でも爆発騒ぎなど起こったりするのでしょうか。
今後、世界がどうなっていくのか、、、とても心配です。
[PR]
by endo0210 | 2015-01-21 12:52 | ご挨拶/つぶやき

お正月のお花
d0224362_11649.jpg

こっちの方がいいかな?
d0224362_11195363.jpg

こちらは仏壇用
d0224362_116685.jpg

何年習ってもなかなか上手になりませんが(^^;
お花は大好きです☆☆☆

今年も一年、私の自己満足なブログにお越しいただき
ありがとうございました。(特に旅行記は
老後に読み返して楽しむために書いております(^^;)

来年もマイペースで続けていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by endo0210 | 2014-12-31 11:20 | ご挨拶/つぶやき

スマホやタブレットなど

3年半前にトルコに来たときは
夫が鞄から iPad を出すと人が集まってきて
「いくらした?」とか指でスワイプする真似をして
「こういうふうにするんでしょ?」とか言われたものです。

その頃は、日本だってまだ iPad を持っている人は
少なかったかもしれないけれど(初代 iPad の時代でした)
日本人は見て見ぬふりだけ(笑)。

トルコ人のこういうところは本当に微笑ましいです。

しかし、3年半経った今は皆スマホを持っていて
トラムに乗っていても、バスに乗っていても
みんなスマホをいじっています。
その光景は日本と同じ(^^;
iPad を出しても、もう寄ってくる人なんてゼロです。

私は仕事でパソコンを使っていたので、
そして、インターネットもまだ日本人のほとんどが
知らない時代から使っていたので
(最初に会社からメールアドレスをもらったとき
メールできる相手が社外に1人か2人ぐらいしかいなくて
仕事でもまだまだファックス中心でした)
プライベートでもネットや Eメールは必需品という
意識が強くて、もちろん自宅用のパソコンを買い、
ネット環境も整えていましたが(最初は電話回線でした)
iPad も早く買った方だと思います。
(夫より先に買いました。夫は私のを見て自分も
欲しくなってしまったのです 笑)

今は iPad mini と iPhone5(日本で) を使っていますが、
両方はいらないという結論に達したので
本帰国したら SIM フリーの iPhone6 plus を香港で買って
Wi-Fi で iPad の代わりに使い、電話はガラケーに
戻そうかなと思っています。そして、iPhone6 plus は
海外の旅行先ではその国の SIM を入れれば電話としても
使える、と考えているのですがどうでしょうか?

電話だって、テレビだって、大昔は無かったものですが
今は持っているのが普通の時代。
スマホやタブレットもそうなりつつあるように思います。
[PR]
by endo0210 | 2014-12-28 22:28 | ご挨拶/つぶやき

一昨日 CNN でトルコの新首相のインタビューを見ました。

普段トルコのテレビを見ていないので、8月の就任以来
恥ずかしながら、アフメト・ダウトオール首相の顔さえも
よくわかりませんでした。

が、放送を見て、終始にこやかで、通訳を介さずに
すべて英語で受け答え、とてもスマートで感じのよい人だと
思いました。

それもそのはず、元々政治家ではなくて大学教授などを務めた
アカデミックな方だったのですね。

そして、やっと何となくイスラム国に対するトルコの立ち位置
というものがわかりました。(でも、複雑過ぎます(^^;)

▶ トルコは米国連合と協力してイスラム国と戦う用意はあるが
 最終目的は打倒シリアのアサド政権であり、オバマ大統領が
 当面のターゲットはイスラム国だけだと言っていることに
 不満を持っている。(ダウトオール首相は我々の協力が
 欲しいならば、我々の要求も聞くべきだと言ってましたし
 アサド打倒するなら積極的に協力すると明言していました)

▶ 何故、打倒アサドなのかと言うと(トルコの言い分ですが)
 イスラム国を消滅させても、アサド政権が続く限り
 第二、第三のイスラム国が出現するから根本的な解決には
 ならない。

▶ トルコはシリアとの国境を開け、その結果、3日間で
 180万人の難民を受け入れた。180万人と言えば、ボストンや
 ワシントンの人口に匹敵する人数で、それだけの人数を
 たったの3日間で受け入れたのに、米国連合から国境の検問が
 甘いと言われるのは心外だ。

というようなことを言っていました。

私は正直、シリアの問題についてよく理解しているわけではないので
トルコの言い分がもっともなのかどうかわかりませんが
トルコが積極的に米国連合を支援していない理由はわかりました。

イスラム国の勢力がトルコ国境から2kmのところにある
コバネまで迫っているというのにトルコ軍が何もしないのは
何故だろうと不思議に思っていたので。

それから、インタビュアーが、前内閣と現内閣では何が違うのか
聞いていましたが、それについてはとても曖昧な答えしか
かえってこなかったように思います。

ダウトオール首相は、前首相は大統領になる際に党から離党し
今は政治的なパワーはない。それは憲法で決められていることであり
従って、前首相の影響は受けない。

と言っていましたが、インタビュアーが、でも、明らかに
現大統領(前首相)は憲法を変えようとしているのではないかと
言ったら

新しいトルコになるためには多少憲法を変える必要はあると
言っていました。

う〜ん、やっぱり操り人形でしょうか。


前首相が10年間政権を率いて、今度は大統領になり
長ければあと10年は国のトップに君臨するとなるとかなりの
長期政権になり、絶対にこのままでは済まないと思うのは
私の杞憂だといいのですが、、、

誰がトップに立つか、ということよりも
長期政権じたいが危険だと私は思います。
(日本のように首相がころころ変わるのも困りますが(^^;)

(既に、政府のイスラム国に対する対応に不満を持った
人達がデモをしているようですし)

(トルコにとって)外国人どうしの我々夫婦ですが、
縁があって住んだ国なので愛着はあるし
より良い国になってほしいと心から願っています。
[PR]
by endo0210 | 2014-10-08 13:34 | ご挨拶/つぶやき

イスタンブルの自宅ではいつもテレビで
CNN インターナショナルを観ています。

本当はトルコのチャンネルを見ればいいのでしょうが
理解できないので短時間で飽きてしまいます。
スミマセン<(_ _)>

日本のニュースもネットでチェックしていますが
今、世界で起きていることは

- イスラム国(ISIS)による異教徒(少数民族、
主にヤズィーディー)の迫害

- イスラエル、パレスチナ問題

- ウクライナ問題

- 西アフリカのエボラ出血熱

- アメリカ、ミズーリ州ファーガソンで起こった
白人警察官による18歳の黒人少年射殺と
それに対する抗議デモの暴徒化

まあ、悪いけれど最後のアメリカの問題は
アメリカが解決しなければならない問題だと思うので
はっきり言ってあまり興味ありません。

私の素人考えですが、結局、銃規制をしない限り
こういう問題は今後も起こると思います。

この少年は射殺される10分前にコンビニで強盗を
しているわけで、武器は持ってなかったとはいえ
全く非がなかったわけではありません。

警察官にしてみれば、この少年が銃を所持しているか
どうかわからないわけです。持っているかもしれない
と思ったから撃ったわけですよね。
(結果的に武器は持ってなかったので、丸腰の少年を
射殺したと抗議活動が起こっているわけですが)

日本のように一般の人は銃は持ってないことが前提なら
警官だって撃たないで済んだか、撃っても足とか
命取りにならないところを狙った(狙えた)と
思います。

銃規制は本当に必要だと思います。
なぜライフル協会がそこまで登録制を拒むのか
まったく理解できません。

興味のないことについて語ってしまいました(^^;


エボラ出血熱はアフリカにも近いこの地に住んでいると
現実問題として脅威に感じます。現地で尽力している
医師や看護師、その他スタッフの方には頭が下がる思いです。


そして、イスラエル、パレスチナ問題とイスラム国。
難しいことはわかりませんが、被害者は罪のない一般人
だということです。

いつも旅行ばかりしていてお気楽なオマエが言うことか
と言われれば反論の余地もありませんが(^^;
ガザ地区に住むパレスチナ人、イラクの少数民族の
ヤズィーディーの、特に子供たち・・・。

ガザ地区の子供たち、もの心がつく前からこんな光景を見て
育ったらどんな大人になるのだろうかと思うだけで
胸が痛いです。一般のパレスチナ人は平和を願っているし
平和になると思うと言っています。

どうか、子供たちが大人になるまでには平和になって
ほしいです。

そして、ヤズィーディーの人達。
ISIS が殺しにくる、自分たちを殺しに来る中、いったい
どんな気持ちで必死で逃げているのでしょうか。
(昔の日本の頑固おやじみたいに、殺しに来るなら来い!
俺は家に残る!と言い張って、奥さんと子供たちだけ逃げた
家族もいました)

日本で追いかけゲームみたいなテレビ番組を観ましたが
ゲームではなくて現実の世界です。

ISIS は日本ではアル・カイーダ系だと報道されていますが
元々はアル・カイーダ系でも、あまりにも過激すぎて
現在はアル・カイーダからも見放されています。

ISIS はイスラム教同士でも宗派が違うというだけで
殺してしまいます。なので、日本人だから大丈夫、
ではありません。危ないところには絶対に近づかないように。

アメリカがイラク軍およびクルド軍に武器を供給して
ヤズィーディーを助け出していますが
命だけはつなげたものの、砂利の上に段ボールを敷いて寝たり、
4日間食べ物がなく水だけで過ごさなければならなかったり
やっと食事がもらえても、一人分の食事を 12人で
分けなければならなかったり、、、本当に苛酷です。

ガザ地区の人達にしても、ヤズィーディーの人達にしても
今日を生き延びることに必死で、明日のことなんて
考えている場合ではないでしょう。
(イスラエル、パレスチナは現在停戦中ですが)

日本で、デスノートだとか終末だとか流行っているようですが
そんなことを言ってられることって本当に平和で幸せなこと
だと思います。
[PR]
by endo0210 | 2014-08-19 13:30 | ご挨拶/つぶやき

ダンカンさんの奥さんが47歳の若さで亡くなったそうです。

来世ではママリンの旦那ではなく
息子として生まれたいという言葉に
深い深い愛情を感じました。

婦人科のガンはゆっくりゆっくり進行します。

そして、早期発見だったらほぼ100%完治します。

ですから、嫌だとかなんだとか言わずに
毎年検査を受けてください。

私も、嫌だけど去年に続き要精密検査になったので
予定より長く日本に滞在して検査を受けます。

もしかしたら手術かも・・・

でも、覚悟はできています。

勇気を持って婦人科検診受けてください!
後悔する前に・・・
[PR]
by endo0210 | 2014-06-30 23:25 | ご挨拶/つぶやき

食に関して思うこと

歌手のクリス・ハートさん、和食は何でも食べられるんですか?
という質問に、何でも食べます!と答えていました。

納豆も?という質問には、初めは好きじゃなかったけれど
好きじゃない物も食べ続けているうちに好きになる、
だから敢えて食べ続けるというようなことをおっしゃっていました。

ワタシ、正にこのタイプです。

元々は食べられなかったのに(嫌いだったのに)
食べ続けているうちに食べれるようになったものは納豆と香菜。

納豆も香菜も、今でも無くても不自由はしませんが
時々は食べたいと思えるくらいになりました。

納豆はイギリスでビンボー学生していた時に和食に飢えていて
食べれるようになりました。

香菜はベトナムに行ったときに、何にでも香菜が入っていて
最初は除けていましたが、ある時点で、もはや香菜だけを除けるのは
無理と判断して、開き直ってむしゃむしゃ食べてから食べれるように
なりました(^^;

こういうことができたのも私が食いしん坊だったからだと思います。

また、ワタシ流の海外交流は、外国ではその国の物を何でも
美味しい、美味しいと食べること。

言葉ができなくても、これだけで友好関係バッチリです☆

アフリカ人のパーティに参加した時はみんなが「わー!食べてる!
食べてる!」と私のお皿にどんどんお料理を足してくれたり、
マレーシアで郷土料理のお店に行った時も「日本人は普通
食べる前に、これ、ナニ?って聞くのに、アナタは何も聞かずに
何でも食べる」と喜ばれ、友達の義母(イギリス人)の家に行った時も
手料理を何でも美味しい、美味しいと食べて好感度120%で
あれから10年以上経った今でも、いつでも遊びに来ていいのよと
お誘いいただきます。

それもこれも、私が食いしん坊で、強靭な胃の持ち主だった
お陰なのですが(笑)


そんなワタシですが、最後の晩餐には何を食べるか?と
聞かれたら、フォアグラでもキャビアでも、ミュシュランの
星付きレストランの美味しい食事でもなく、卵かけご飯とか
お茶漬けとか明太子ご飯とか子供の頃から食べ慣れたもの
なんですよね(^^;

トルコには美味しい物がたくさんありますが、たま〜に
口に合わない物もあります。でも、私の口に合わなくても
トルコ人にとってはとても美味しいお料理だったりするわけで

自分の口に合わないからと言って不味い!と切り捨てることって
すごーく傲慢なことなんだろうなと感じる今日この頃です。
[PR]
by endo0210 | 2014-02-16 09:44 | ご挨拶/つぶやき