カテゴリ:家族のこと( 28 )

母の腰痛

数日前、母を整形外科に連れて行ってくれたと
施設からメールがありました。

本日『◯◯◯整形外科』にお連れしました。

レントゲンの結果は、背骨の2番目の骨が若干もろくなっている事と骨粗鬆症だそうで、加齢による変形なので大きな心配はないそうです。

痛み止めや湿布を処方してもらいました。

レントゲンの後、電気治療などの理学療法を30分弱ほど行いました。


やはり、以前病院に連れて行った時とほぼ同じ診断だったようでした。

そして、今朝、またメールが入っていました。

いつもお世話になっております。

先日のメールでのご報告の通り、整形外科にて骨粗鬆症と診断を受けまして、骨折はなく年相応のものと話を伺いこちらも安心いたしました。今後は電気療法の頻度は要相談になりますが、ひとまず内服薬(ビタミン剤、痛み止め、胃薬)で対応ということになっております。また、痛みが強い時の痛み止めとしてシッロップ薬と湿布薬が処方されています。
 
また昨晩は21時に眠前薬を服用後30分後くらいからお休みになられ、だいたい4時半頃からお目覚めになられていました。起きた時に廊下を歩かれる姿がみられましたが、以前あった他の方のお部屋に入られるなどのトラブルはなく落ち着いていました。

今朝はパン食の日でしたので食の進みも良くほぼ全量召し上がっておりました。しかし、やはり腰痛もですが足の痺れをかなり気にされておりましたので、今後整形外科のお薬と受診にて様子を見ていきたいと思います。完全に痛みを取ることは難しいかもしれませんが、できるだけご本人の負担を減らせるよう日々の生活をサポートさせていただきたいと思います。また何かありましたらご連絡致しますので、今後とも宜しくお願い致します。


ここ3年ぐらいの母の様子は、年に1、2回強い痛みが出ますが
しばらくすると落ち着くようです(落ち着いていても
常に軽い腰痛はあるようですが)。
足の痺れも同じような感じで、腰痛からきているようです。

私としても、母が少しでも痛みなく暮らせるよう
ビタミン剤を施設に預けてきたわけですが
完全に痛みや痺れをなくすことは無理そうです。

でも、施設でも私と同じように考えて、少しでも
母の負担を減らそうと努力してくれるのがありがたいです。


[PR]
by endo0210 | 2015-09-27 14:15 | 家族のこと

その後の母の様子

母の施設からは、その後もほぼ毎日メールで母の様子を知らせてくれます。
本当にありがたいです。

カプリ島からソレントに移動する前日の朝も
母が腰が痛いと言っているので湿布薬を貼ったという
メールが入っていました。(日本の方が半日進んでいるので
朝起きた時には日本はお昼過ぎなんです)

母は以前から腰痛があり、コルセットを着けていましたが
父が白内障の手術で一泊入院した時に
私とビジネスホテルに泊まり、その時になくしてしまったのです。

ビジネスホテルの狭い部屋の中でどこにいってしまったのか
本当に不思議ですが、探しても探しても出てきませんでした。

それで、その時は腰が痛いと言ってなかったので
そのままにしてしまったのですが、少し涼しくなって
また腰痛が出たのかもしれません。

施設には、帰国したらコルセットを購入して
持っていきますと返信したのですが、その翌日も
腰痛が辛そうですというメールがきたので
急きょ、カプリ島からソレントに移動する日の朝
ネットで注文して、翌日には施設に届くよう手配をしたのです。

が、翌日、アマルフィ行きの船を待っている時に
またもや施設からメールが入り、届いた品物はSサイズで
小さすぎるとのこと(^^;;

というわけで、船着場で慌てて返品及び交換の手続き(^^;;
(でも、ネットがある時代でよかった)

そして、今朝届いたメールです。

本日は30℃近くまで気温が上がり、
とても暑い一日となっております。
定期的に訪室させていただき、お部屋の温度調整に
気を配らせていただいております。

早速、コルセットを手配していただき、どうもありがとうございました。
Mサイズはぴったりでした。
「そうそう、こんなのをやってたのよ」と嬉しそうにおっしゃって装着されていました。
返品の手配も済みました。明日、集荷にきてくれるそうです。

本日の◯◯様は、朝食も昼食も完食されました。
とても穏やかにお過ごしです。


腰痛には飲み薬(サプリ?)も飲ませてくれるよう
預けてあるので、コルセットと湿布薬、そして飲み薬で
改善してくれるといいなと思います。

母が穏やかに過ごしているのは嬉しいですが
父や私がどこにいるんだろう?と気にならないのかな(^^;;

家に帰りたいとは言っても、私達に会いたいとは
言ってないらしいし(^^;; 母の思考回路がよくわかりません。

たぶん、認知症の人の「家に帰りたい」は
「家族と一緒ならどこでもいい」ではなくて
(現に母は我が家に来ても帰りたいと言いますから)
例え一人ぼっちでも「家に帰りたい」なのでしょうね。

追記
その後、また別のスタッフさんからもメールが届きました。

う〜ん、母の腰痛困ったな。心配です。

でも、色々と考えてくれて、病院にも連れて行ってくれるなど
本当にありがたいです。

今日もですが、最近は家に帰りたいと話されることが見られなくなり、ようやく施設の生活に馴染み落ち着かれたようなので良かったと思います。
 
しかし、やはり腰の痛み訴えが多くみられ、足の痺れもあるようです。そこで、2つご提案なのですが、現在ベッドマットレスの上にのせている三つ折りのマットを敷いている状態だと柔らかすぎてもしかしたら腰への負担がかかっている可能性があるので、一度三つ折りのマットを外して、ベッドマットのみで様子をみていこうかと思うのですが、宜しいでしょうか?
もう1点は、連休明けに腰痛の件で原因が分からず心配なので、念の為整形外科への受診にお連れしようと思うのですが宜しいでしょうか?ご検討の方よろしくお願いします。


今までは、父が老老介護をしていたので
母の腰痛のケアも十分ではなかったと思います。
私もトルコにいて父に任せっぱなしだったので
父に文句は言えません。

なので、こうして手厚くケアしてもらえるのは
本当にありがたいです。

最初に入った施設が母には合わないとわかり
(父には理想的な施設ですが(^^;;)
入居して5日で転居を決めて、10日で転居は大変でしたが
この施設にかえて本当によかったです。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-22 15:36 | 家族のこと

その後の母の様子

お母様のご様子をご連絡させて頂きます。

昨日と、本日はお母様がご自宅に帰りたいと仰ることは
ありませんでした。

昨日の日中は、いきいきビクスのレクにご参加され
講師の方の掛け声に合わせて皆様と一緒に体を動かれており
笑顔も見られました。

本日は、歌のレクにご参加され
他の方と一緒に歌を唄われておりました。

本日のお昼御飯がかつ丼だったのですが
ほとんど手を付けられておらず、お声掛け
させて頂いたのですが、
結局かつ丼には手を付けられませんでした。
丼物が苦手なようでしたら、今後はご飯と分けて
ご提供させて頂くように致します。
次回は分けてご提供させて頂き、ご様子を見させて頂こうと
思います。

夜間は変わらず、21時頃お休みになられて朝の5時頃お目覚めになるというリズムが
定着して参りました。

ただ、他の方のお部屋に入られてしまいそうな事が有った為
目を配らせて、気を付けてみさせて頂きます。

一昨日、昨日と雨が続きましたが施設の近隣、
当施設には影響は御座いませんでしたので
ご安心ください。

またお母様のご様子をご連絡させて頂きます。


父の施設のようにスタイリッシュではなく
手作り感満載の施設ですが(見た目は正直ヘボい(^^;;)
母のことを考えてあれこれ試してくださるのは
本当にありがたいです。離れていても安心していられます。

父は父で、シャトルバスで近隣の繁華街に買物に行ったり
近くの海沿いの公園に散歩に行ったりと楽しんでいるようです。

よかった、よかった(*^^*)

[PR]
by endo0210 | 2015-09-11 15:53 | 家族のこと

昨日は父のところにお昼に行ったら、退去前に洗濯に出ていた
母の衣類が戻ってきていました。

なので、母の施設に、それらの衣類を持って行きますと電話したら
帰宅願望はまだあるけれども、少し落ち着いてきたので
会っても大丈夫でしょうとのことだったので、母に会ってきました。

私が着いた時は昼食後で、居室でお昼寝をしていましたが
私達が入っていったら「あら?」と言って起き上がりました。

しばらくは母の居室でテレビを観ながらお喋りをし、母に
「ここの人は皆いい人でしょう?」と聞くと「うん」と言っていました。

「お父さんは〇〇病院に入院していて(ウソですが(^^;)
私達はまたトルコに行かなければならないので、お母さんは
ここで待っていてね。また来るから」と言うと、素直に「うん」と
言いました。

お部屋には先日作ったという葡萄の折り紙が貼ってありました。

d0224362_21484430.jpg


午後のリクレーションが始まる20分ぐらい前に下の食堂に下りて行き
座ってお喋りをしていると、スタッフの方々が通りかかるたびに
「〇〇子さん、今日は娘さんが来てくれてよかったわね〜」と
声をかけてくれます。

d0224362_21484405.jpg


母がちょっと寒いと言うので、じゃ、上に羽織るものを
母の部屋から持ってくるねと一人で取りに行こうとした私に
一緒に行くよと母が言いました。私は、ここで待っててと一人で行こうとしたら
スタッフの方が、一緒に連れて行ってあげて、と言いました。

それで、母も一緒に行って一枚羽織って、また下の食堂に戻ったのですが
こういうふうにアドバイスしてくれるのもこの施設の良いところだと
あらためて思いました。

最初に入った(父がいる)施設では、お客様に対してアドバイスなんて
しません。

そして、リクレーションに参加する車いすのお年寄り達が次々に
食堂に誘導され、その中の一人の女性が母に手を振りました。
そうすると、母も「あっ!」と言って、その人に嬉しそうに
手を振り返しました。

私達は食堂の隅っこに座っていたので「お母さんもあっちに座る?」と
皆がいる方を指すと、母は小走りでそちらに行ってしまいました(^^;
(ワタシ、唖然 笑)

そして、スタッフの方がかけた音楽に合わせてリズムをとって
私がいることなど忘れてしまったようで、こっちを見もしないので
そのまま帰ることにしました(^^;

まあ、川崎の方では事故だか事件だかわからない悲劇があって
何となく嫌〜な気分でしたが、ここの施設では、スタッフの皆さんが
いつも母に声をかけてくれて、入居者どうしがお喋りできるようにも
配慮してくれて安心したので、今まではいつトルコに戻るか
決められずにいましたが、やっと行けそうな目途がつきました。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-09 07:52 | 家族のこと

川崎の方の老人ホームで入居者3人が相次いで転落死したと
ニュースで見ました。

そのホームの HP を見ると設備もよさそうですし、月々の費用だって
決して安くない。誰もが優良老人ホームだと思ってしまいますよね。
そんなところでこういう事故(事件?)が起こったなんて
決して他人事ではなく、暗〜い気分になってしまいます。

先ほど届いた今日の母の様子です。

まず昨晩のご様子です。昨晩は3時から起きていらした様子ですが
特に居室の外を出歩くことはなかったようです。

また理由がわかりませんが、ご自身の肌着などの洗濯ものを3階の
共有洗面所に置かれる行動があったそうです。
この件を受けまして本日からお母様の洗濯ものを入れるかごを
居室にご用意致しました。ご本人に説明しましたところ
「わかりました」と納得されていたので活用していただけると思います。

続いて本日の日中帯のご様子です。

朝食はご飯とおかずともに全量召し上がられておりました。

午前中は比較的落ち着いており、雑誌を読んだり他の入居者様と
お話しされたりしておりました。昼食もご飯とおかずともに全量
召し上がられておりました。

午後は昼食後から落ち着かない様で「歩いて家まで帰ります」など
帰宅願望みられたので、気分転換に先日提案した折り紙を
早速やっていただきました。作り始めると気分も落ち着いたようで
わからないところがあるとすぐ聞きにこられたりと頑張っておられました。
今回は秋の旬のぶどうを作っていただきました。居室に掲示致しましたので
次回ご来設の際はぜひご覧になってみてください。
お花がお好きなようなので次回はお好きなお花と作っていただこうと思います。

夕方になるとやはりまた帰宅願望が一時見られましたが、先日同様に
お話しすると居室に戻られ夕飯までは横になられておりました。

夕飯はご飯が手つかずですが、おかずは3分の2召し上がられております。
もしかしたら、朝昼と全量召し上がっていらしたのでお腹いっぱいで
いらしたのかもしれません。ですので、先日アドバイスしていただいたように
「残しても大丈夫なので食べられそうなものだけ食べてみませんか?」と
いうような声掛けをしていきたいと思います。

できるだけ不安な思いをさせないようにスタッフ一同、より一層努力して
参りますので、今後ともよろしくお願い致します。
長文で失礼致しました。

母に会いに行けるようになるまではもう少し時間がかかりそうですが
こちらの施設はきっと大丈夫だと信じています。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-07 19:14 | 家族のこと

昨晩、ホームから届いた母の様子です。

昨晩から本日の日中帯にかけてのお母様の様子をご報告させていただきます。

まず昨晩のご様子です。21時に眠前薬服用後
夜間は1回のみトイレで起きられたこと以外は
朝5時近くまでよく眠られていたそうです。

そして、本日の日中帯のご様子です。

朝食はご飯が手つかずですが、おかずは3分の2召し上がっていたようです。

午前中は主に食堂で過ごしていただき、折り紙の本を熱心に読まれたり、
同じテーブルの入居者様たちと仲良く談笑される姿がみられました。
折り紙の本を読んでいらっしゃる際に「こういうのも素敵だね~」と話され
ご興味があるようなので、簡単なものから折り紙を一緒にやっていただいて
みようかと思っております。

昼食は混ぜご飯で全量、おかずは3分の2召し上がっておりました。

昼食の間に今日はテレビでのど自慢があり、お母様は歌を聴くのがお好きだそうで
放送が終わるまで熱心に見て楽しまれておりました。

午後はレクで昔の歌を歌う時間があり、お母様もやはりお歌が好きなようで
一生懸命歌われておりました。

夕方になるとまた帰宅願望が一時強くなられる様子がありましたが
少しお話をさせていただくと穏やかな様子に戻り落ち着かれました。
 
夕食はお腹いっぱいと最初はおっしゃられていましたが
声掛けしたらごはんは手つかずですが、おかず2分の1ほど
食べていただけました。

入居されてからかなり落ち着かれる時間が増えてきたので
少し慣れてきていただけた印象はあります。

今後もお母様が穏やかに過ごせるようスタッフ一同努力して参りますので
よろしくお願い致します。長文で失礼致しました。


こうして母のために色々と考えてくださって、本当にありがたいです。

帰宅願望が出た時にもスタッフの方がお話ししてくださっているようで
ありがたいです。

父のホームでも「帰ります」と言って、
しょっちゅうエントランスの所にいるおばあさんがいますが
スタッフは、そのおばあさんを部屋に戻すだけで、あとは
放ったらかしだったと思います。

[PR]
by endo0210 | 2015-09-07 07:53 | 家族のこと

「老人ホーム」という言葉は広く一般的に知られていますが
それ以上のことは知らない人が多いのではないかと思います。
私もその一人でした。

まず、「老人ホーム」は2種類に大きく分けられます。

★ 特養(特別養護老人ホーム)
★ 有料(有料老人ホーム)

「特養」は社会福祉団体や自治体などが運営する公的施設で
「有料」は民間企業が運営している施設ということになります。

「特養」には要介護3以上でないと入れないようで、しかも常に
何年待ちだか何百人待ちだかで、入居するのはなかなか難しそうです。

そして、「有料」には
★ 健康型(健康型有料老人ホーム)
★ 住宅型(住宅型有料老人ホーム)
★ 介護付き(介護付き有料老人ホーム)
の3種類があります。

どのタイプを選ぶかは入居する本人の健康状態にもよりますが
月々の費用も、その健康状態によって大きく変わってきます。

まず、「健康型」は健康な人が入る老人ホームなので
介護度が上がると退去しなくてはなりません。

父が入居した施設の上層階は高齢者用賃貸マンションになっていて
そこでは健康な方が主にご夫婦で入居していますので
これが「健康型」に属することになります。
将来、介護が必要になった場合には下層階の老人ホームへ優先的に
移動できるとのことです。

父は要介護認定を受けていないので「健康型」にも入れるのですが
賃貸マンションということは、食事のしたくなど、家で暮らしているのと
同じように、自分でしなければならないので下層階の老人ホームに
入居しています。

そして「住宅型」と「介護付き」は、要介護認定を受けている人と
父のように受けていない人のどちらも受け入れている場合が多いですが
月々にかかる費用は、認定を受けているかいないかで大きく変わって
きます。

仮に、月々の基本料金が両方とも20万円だったとします。

父が入居している「住宅型」では、それぞれの個室が一軒一軒の家と
みなされるので、自宅にて訪問介護サービスを受けるのと同じことになり
サービスを利用すればお金がかかりますが、利用しなければ基本料金以外
一銭も上乗せはありません。但し、そこは老人ホームですから
何もサービスを利用しなくても、最低限の健康管理はしてくれます。
そして、食事と光熱費は基本料金に込みになっています。

施設によって多少の条件は異なると思いますが、父の施設の場合は
洗濯や、居室の掃除は基本料金に入っていないので(無料で自由に使える
洗濯機と乾燥機はあります)それらは自分でやっています。

しかし、母のように要介護認定を受けている人は、介護度が上がるにつれて
利用するサービスも増えるので「住宅型」だとその分支払いも増えていきます。

母の場合、絶対に最低限必要なサービスは、朝晩の着替えと洗顔、歯磨きの
見守り。薬の管理。入浴の見守りと洗濯(シーツ交換を含む)ですが、
これだけで既に基本料金に5〜6万円の上乗せが発生しました。
それに、施設でのリクレーションに全部参加させると更に月に4〜5万の
上乗せになります。

なので、要介護4とか5になったら(オムツとか、車いすとか)
月々の支払いが40万円以上になることも十分あり得ます。
(もちろん介護保険の利用枠を目いっぱい使ってこの金額ということです)

それに対して「介護付き」は、初めから基本料金に介護保険の利用枠の
自己負担分の上限が加算されます。

例えば要介護2の母の場合、介護保険の利用枠の上限が 191,280円/月で
基本料金の20万円+1割負担の19,128円が加算され、月々に 219,128円が
かかりますが、その中に必要なサービスが全て含まれているので
(朝晩の着替えや歯磨き、入浴の介助、薬の管理、部屋の掃除、洗濯、
週に一度のシーツの取り替え等々)介護度が上がっても、介護保険の
利用枠の自己負担分が少し上がるくらいで極端に支払いが増えることは
ないのです。

ただし、父のように要介護認定を受けていない人が「介護付き」に入居すると
すべてのサービスは10割負担になり、施設によって金額は異なると思いますが
約20万円程度の金額がプラスされ「介護付き」ではサービスを利用しないという
選択肢はないので、月々40万円ほどかかってしまうということになります。
(要支援1で入居するのが一番コスパはよいです 笑)

今回、母の転居(住宅型 ⇒ 介護付き)はお金のためではなく
母が少しでも楽しく過ごせそうな施設ということで決めましたが
結果的には、経済的にも将来の心配が減り、よかったなと思いました。

ひとくちに「老人ホーム」と言っても本当に色々です。

「有料」にもピンキリあるようで、安いところは3人部屋やそれ以上の
大部屋とかもあるようなので(2人部屋は夫婦用という意味合いで、
ある施設が多いです)入居する人のニーズに合った施設を選ぶことが
大事ですね。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-06 09:32 | 家族のこと

昨日は午後ちょっとだけ父のところに、父から頼まれた物を届けに
行きました。

父のホームは海沿いにあるので、午前午後と散歩に行っては
釣りをしている人や、アサリを獲っている人に話しかけて
楽しんでいるようです。

ここの暮らしはとてもいいと言っています。
父は広島の瀬戸内海沿岸の町で生まれ育ったので、海沿いの
このホームがとても気に入ったみたいです。
よかった、よかった。

母の方も早く訪ねて行けるようになるといいのですが
もう少し時間がかかるのかなぁ・・・

夕べ、遅くにホームから届いた昨日の母の様子です。

本日のお昼間のご様子ですが、午前中はリハビリの後、
食堂にて他の入居者様とお話をされたり
雑誌を読まれている姿が見られました。

お食事はお昼は、ご飯は全量、副食は2/3程
お夕食はご飯が1/3程、副食が2/3程召し上がれて居りました。

午後からはビンゴのレクにご参加されました。
番号をお伝えすると、自身でカードの番号を抜いておりました。

見事ビンゴをそろえられ、同じテーブルの方もビンゴになると
一緒に笑って居られました。

記念にお写真を撮らさせて頂いましたが、カメラを向けると
お恥ずかしかったようで、顔をそむけられてしまいました。

本日も、帰りたいとのお言葉は御座いましたが
お声掛けにて、落ち着かれております。

21時頃には、お布団に入られお休みになって居ります。

まだ入居して1週間も経っていないので、もうしばらくは
行きつ戻りつだと思いますが、とにかく一人ぼっちではないことが
よかったなーと思いますし、こうしてマメに様子を知らせてくれる
ホームにも感謝です。

何度も言ってますが(^^; 本当にここに移してよかったです。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-06 08:27 | 家族のこと

先ほどホームから届いたメールです。


お母様の昨夜から今朝にかけてのご様子ですが、昨夜は21時頃にご自身で
布団に入られ休まれていた為、お声掛けさせて頂き、寝る前のお薬をお飲み
頂きました。

その後は、3時頃に一度お手洗いに行かれたようですが、再びお布団に入られ
5時40分頃までゆっくりお休みして頂く事が出来ました。

昨日は、お昼間はほとんど1階にてお過ごし頂いたようなので、少しお疲れに
なられて、夜よく眠れたのかもしれません。

お母様が夜よく眠られるよう、日中の過ごし方や寝る前に飲むお薬の時間を
調整して様子を見させて頂こうと思っております。

お部屋の場所がわからないご様子があった為、ドアに大きくお名前を掲示させて
頂いたところ、ご本人様のお部屋であることをご理解して頂けたようです。

昨日は、こちらにいらっしゃって初めてのお風呂が御座いました。

ご自身で、しっかり頭やお体を洗っておられ、スタッフの見守りのみでお入り
頂く事が出来ました。

本日は、先ほど1階の玄関前にて、機能訓練指導員と一緒にリハビリを行わ
れました。

機能訓練指導員の、声掛けに合わせお体を動かされており、終わった際には
一緒にリハビリをされていた方と、手を組んで食堂に行かれお茶をお飲みに
なられております。

お食事についてですが、昨日から今朝の朝食までお残しになることなく、全て
お召し上がり頂く事が出来ました。お持ち頂いたご飯のお供と一緒だとご飯も
すすむようです。

まだ、施設でのご生活にご不安もあるようですが、一日でも早く慣れて頂き、
楽しくお過ごし頂けるようスタッフ一同、ケアにあたらさせて頂きます。


ああ、よかった。
思い切ってこの施設に移して本当によかったです。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-05 11:02 | 家族のこと

母のことはまだ心配ですが、やっと先が見えてきたような気がします。
最初のうちだけだとは思いますが、毎日、母の様子をメールで知らせて
くれるのは本当にありがたいです。

お母様のご様子ですが今朝のお食事は全量召し上がられております。
午前中に数回「家に行ってお金を取ってくる」とおっしゃって
歩き回られる以外はほとんどの時間を1階の食堂で過ごされました。

雑誌を読まれたり、テレビを観たり、とても穏やかでした。

昨日もお話しさせていただきましたが、年齢が近い入居者様と
話も弾んでいらっしゃいます。

故郷の山梨の話を、楽しそうにされていました。

私どもスタッフに対しても「お世話になって悪いですね」と気遣って下さり
とても優しい面を見せて下さいます。

まだまだ不安で落ち着かないとお察ししますが、少しでも早く
慣れていただけるようスタッフ一同、誠心誠意努力してまいります。


夫が、「家にお金を取りに行く」なんてお義母さんも考えたもんだね
と笑っていました(笑)

とにかく、そこでは母が一人でぽつんとなることなく、他の方とお話したり
皆の中で過ごせていることに安堵します。
そして、この施設に移して本当によかったと思いました。

私達は、昨日は午前中夫が父に付き添ってくれて新しく通うことになった
クリニックへ。(前回、初診で、今後降圧剤を出してもらえるようお願い
してきましたが、今回は、心臓カテーテル治療後のお薬も出してもらえるか
聞きに行きました)

カテーテル手術をした病院からの紹介状を持ってくれば
今後、半年に一度ぐらい心電図検査をし、お薬も出してくれるそうです。
異常が見つかった場合には近隣の大きな病院を紹介していただける
とのことで一安心。

父のホームで私もジョインしてお昼ご飯を食べました。

午後は帰宅して、夫はジムへ。私は2か月ぶりに美容院に行きました。
もう髪がぼっさぼさでしたが(^^; 全然行っている暇も余裕もなかったので。
そういう余裕ができて嬉しいです。

今日も午後、父に買ってきてほしいと頼まれた物を持って行きますが
それ以外は自由。地元でお祭りがあるのでお昼は買い食いしようと
思っています。自分のために時間が使えるってホントに幸せ(笑)

「両親が老人ホームに入りましたがとーってもタイヘン」シリーズも
もうすぐ終わりになるといいなと思っています。
[PR]
by endo0210 | 2015-09-05 08:24 | 家族のこと