カテゴリ:イスタンブル郊外( 2 )

ANADOLU KAVAĞI

昨日は、ボスポラス海峡の黒海の手前にあるアジア側の町?村?
Anadolu Kavağı (アナドル・カヴァーウ)に行ってきました。

地図の中の8番のところです!
d0224362_3193875.jpg

日本のガイドブックにはほとんど触れられていない所ですが、
一度、黒海を見てみようと思って。

エミノニュのイスケレ(船着き場)から 10:35に出発。
往復切符が 25TL でした。(2013年9月現在)
d0224362_1402226.jpg

d0224362_1402451.jpg

その後、ベシクタシュにも寄って更にお客さんを乗せて
出発です。

アナドル・カヴァーウまで1時間半かかるので(往復で3時間)
そんなに暇な観光客はいないと勝手に決めつけて(^^;
空いているんだろうと思っていたら外の席は満員御礼状態。
半分はトルコ人、残りの半分は外国人という感じ。

船の中でトルコ人に、一緒に写真撮ってと言われました。
東洋人が珍しいのかな?(笑)

ベシクタシュの次はヨーグルトで有名な
カンルジャにも寄りました。
d0224362_1463431.jpg

カンルジャって高級住宅地なんですね。
ボスポラス海峡沿いにプール付きの豪邸が並んでいました。
(どんな人が住んでいるんだろ?いいなあ)
d0224362_1463860.jpg

以前、Sさんに連れて行ってもらったアジアホテルも見えました。
また、あのイタリアンに行きたいな。
d0224362_1402533.jpg

次はサルイェルに寄って、ルメリ・カヴァーウ(ヨーロッパ側)、
終点のアナドル・カヴァーウ(アジア側)へと続きます。

水平線上に黒海が見えてきました!
d0224362_1464770.jpg

山の上にあるのはアナドル・カヴァーウにある Yorosu Kalesi
(ヨロス城)です。
d0224362_1402645.jpg

着いたのは定刻の 12:10 でしたがランチは後にして
まずはヨロス城へ。ランチでお腹が膨れると
坂道を上がるのがタイヘンですから(^^;

結構な坂道です。
d0224362_1465756.jpg

振り返ると、
d0224362_1465989.jpg

最後はこんな階段も。
d0224362_1416526.jpg

ふーっ、やっと見えてきた〜
d0224362_14161034.jpg

30分弱でヨロス城に到着です。(はぁはぁ 息切れ(^^;)
d0224362_14161437.jpg

夫がネットで調べた情報によれば
日曜日は中に入れるということでしたが、昨日は閉まっていました。
このお城の上からは黒海がよく見えるということだったので残念。

でも、とりあえず黒海は見えたので満足♪
(正確には、黒海の入口ですね)
d0224362_14162128.jpg

ボスポラス海峡の方を見ると遠くに新市街も見えました。
意外に近いんですね。
d0224362_14162342.jpg

本当に絶景でした。
d0224362_14162456.jpg

さて、ランチです。お城からちょっと下ったところの
絶景レストランに入ってみました。
お腹空いたよー
d0224362_14253935.jpg

イスタンブルにもシーフードのお店はたくさんありますが
アナドル・カヴァーウでは店頭でカラマリを揚げていたり
魚を焼いていたりするので、余計に美味しそうに見えます。
d0224362_1402960.jpg

d0224362_1403123.jpg

チョバン・サラダと、ムール貝のフライ、カラマリ、黒鯛を注文。
d0224362_14253740.jpg

美味しかったけれど、やたらと蜂が飛んできて
ゆっくり食事を楽しめる状態ではありませんでした(泣)。

あまりにも蜂が多いので、ササッと食べて店を出て
イスケレの近くでアイスクリーム。
d0224362_14253646.jpg

しかし、ここも蜂が飛んできてゆっくり食べてられない(泣)

普段は香水はつけないのですが、去年、南仏で買った香水を
なんとなく思い立って昨日はつけてみたんです。
それがいけなかったのかな?
(人間には感じないくらいの匂いですが、蜂にはわかるのかも)

帰りの船ではお昼寝タイム。
私達だけではなく、寝ている人は多かったです。
中には、長椅子に横になって寝ている人もいましたよ(笑)。

アナドル・カヴァーウ3時発の船に乗って、
ベシクタシュで降り、カバタシュからトラムの始発に座って
帰ってきました。

イスタンブルは日帰りで旅行気分を味わえるところが
近くに色々あるのがいいですね。

次回はカンルジャにもゆっくり行ってみたいな。
[PR]
by endo0210 | 2013-09-09 14:28 | イスタンブル郊外

イスタンブール市内観光 第三弾は、、
マルマラ海に浮かぶプリンスィズ諸島の
ビュユック島に行ってきました。
d0224362_4252934.jpg

日本のガイドブックにはほとんど出てないので
空いているのかと思ったら、出航前にはほぼ満席になりました。
d0224362_4253095.jpg

プリンスィズ諸島は9つの島からなっていて、
ビザンツ時代以降、島流しの憂き目に遭った王子がいた場所だったので
プリンスィズ諸島(プリンスの島)と呼ばれているそうです。

私達はその中で一番大きいビュユック島に行きました。
d0224362_4253121.jpg

対岸にはずっとイスタンブール市内が見えています。

到着したら、まずはランチです。
お腹空いた~
d0224362_4253258.jpg

明日の夫の健康診断に備えて酒ラマダン中なのでビールは我慢 (>_<)
夫は、僕に付き合わなくていいから飲みなよと言ってくれますが
私もたまには休肝日を設けないと ^^;
ほぼ毎日飲んでいるので ^^;
d0224362_4253313.jpg

お腹がいっぱいになったところで観光です。

とは言っても、歴史的な建物があるわけでもなく、
今はイスタンブール市内から一番近いリゾートとして
人びとが訪れているので、馬車に乗って島内巡りをしました。
d0224362_4253339.jpg

この島では警察車両など特別な車以外は通行が禁止されていて、
主な交通機関は馬車か自転車なんです。
d0224362_425341.jpg

d0224362_425352.jpg

きれいに手入れされた庭付きの大きな家がたくさんありました。
d0224362_4253612.jpg

イスタンブール在住のお金持ちの週末用の家なのかも。
(ステキ過ぎ)

馬車を降りたあとは、港が見えるカフェでお茶して帰ってきました。
d0224362_4253793.jpg

ビュユック島の港付近は遊歩道を改修工事中だったり、
新しいホテルが建てられていたりで、これからもっとオシャレになりそう。

ビーチもあって、夏には海水浴もできるので、
週末ちょっとゆっくりしたいなっていう時に良さそうです。
[PR]
by endo0210 | 2011-08-26 15:09 | イスタンブル郊外