長々とマルタ旅行記を書いてきましたが
最後にSIMカードと、セント・ジュリアン地区の
スーパーマーケットについて。


今回、ホテルには無料の Wi-Fi がありましたが
めちゃめちゃ電波が弱くて使い物になりませんでした。
(最初の3日間ぐらいはイタリアかフランスの会社の
オフサイト・ミーティングのようなものが開催されていて
やたら人数が多かったのでそのせいかも)

そこで iPad に SIM カードを入れて 3Gで使いました。
会社は Vodafone。他社もあったかもしれませんが
マルタでは Vodafone が一番つながりやすいらしいです。

Vodafone は空港にもありますので、初めから SIM 利用なら
到着時に空港で買うのがいいかと思います。
(15:00 - 16:00 お昼休みでした)

私達は Hard Rock Cafe 斜向かいの Vodafone で
買いました。

1週間有効で 20ユーロ。
250KB + 電話通話料5ユーロ代込み、または
1GB(通話料なし)で20ユーロとのこと。

もちろん1GB にしました。

マルタ内どこにいても(ゴゾ島に行く途中の船の上でも)
サクサクとつながって非常に快適でした♪♪


スーパーマーケットは2軒見つけました。

一つ目は「地球の歩き方」にも載っている Park Towers。
d0224362_22262471.jpg

「歩き方」にあるように、セント・ジュリアンから
スリーマへ向かう海岸通り、プールの手前です。
(下の写真は逆方向、つまりスリーマから
セント・ジュリアンへ向かう方向から撮ったものです)
d0224362_22262784.jpg

このスーパーには入ってみなかったので品揃えなどは
わかりません。

もう一つはインターコンチネンタルから徒歩5分ぐらいの
ところにありました。Hard Rock Cafe から垂直に延びている道
(階段になっていて両側にパブやレストランあり)を上り
上りきったところの広場も突っ切ってそのまま進んだ左側。
St. George's Road にあります。
d0224362_2226304.jpg

建物の半地下部分にあります。
d0224362_22262957.jpg

それほど大きいスーパーではありませんでしたが
一通りのものはあります。3ユーロぐらいの
安いマルタワインを部屋飲み用に買いましたが
値段のわりには美味しかったです♪♪


最後にマルタの言語について。

マルタの公用語はマルタ語と英語。
イギリスの統治下にあったので英語も公用語なんですが
地元の人どうしではマルタ語の方が使われているようでした。

それでも、どこにでも英語の表記があり、皆英語を喋るので
とても便利でした。しかも、イギリス人の発音とは違って
イタリア人が喋っているような発音なので
ネイティブとは思えず安心できる(笑)

マルタ語は、アラビア語が変形したもので、そこに
イタリア語やシチリア語の語彙を多く含んだもの
なんだそうです。

確かに人々が話しているのを聴いていると、
アラビア語のようでもあり、イタリア語のようでもあり
みたいな感じでした。


マルタ旅行記、長々とお読みいただきまして
ありがとうございました。
[PR]
by endo0210 | 2014-10-13 14:13 | +9月マルタ共和国

マルタの食事について

マルタの食事についてですが
事前調査も現地調査もしなかったので
参考になるようなオススメ情報はありません。
あしからず(^^;

が、とにかく一皿の量が多い!
これだけは言っておきます!

初日の夜、宿泊しているホテルに比較的近いところで
口コミ評価のよい店をトリップアドバイザーで調べて行ったのが
ウェスティンホテル内のカジュアルレストラン PALIO'S
d0224362_22175100.jpg

メニューを見ると、メインでもほとんどが 20ユーロ以内の
値段設定で、サラダやパスタなどは 10ユーロ前後と
ウェスティンにしてはかなりリーズナブル。
d0224362_2217776.jpg

前菜に、タコのサラダとカラマリ(大と小があったので小)
を頼み、パスタからロブスターのラビオリ、メインから
ポークスペアリブを頼み、すべてを夫と2人でシェア。

しかし、前菜のつもりのタコのサラダとカラマリを見て
驚愕! 
d0224362_2217681.jpg

トルコのカラマリは一皿に8個ぐらいしか乗ってないので
そんなもんだと思っていたら、、、写真だとわかりませんが
はっきり言ってメインにしてもいいぐらいの量がありました。

ラビオリが来る頃にはかなりお腹いっぱいになっていましたが
何とか食べて、、、
d0224362_2217895.jpg

その後、スペアリブがなかなか来なかったので
忘れているならちょうどいいね、などと言っていたのですが
忘れてなかった(笑)

一人分ずつお皿に取り分けてきてくれたのですが
絶対にオーダーの取り間違いで2人前だと思いました。
d0224362_2217986.jpg

ウェイトレスさんに、一人前しか頼まなかったはずだけど
と言うと、イエス(スマイル)

この2皿で一人前?ともう一度確認するも
イエス、イエス!(スマイル)

半分でも日本なら2人前ぐらいの量でした(^^;
(なので、4人で一皿でいいかも)

無理にちょっと食べましたが、さすがに二人ともギブでした。


次の日のランチで行ったハジャー・イム内のレストランでも
ペンネとピザをとって二人でシェアしましたが
サラダとかとらなくてよかった〜という感じ。
d0224362_22171035.jpg

ペンネもどっさり。ピザも特大サイズで具がどっさり乗っていて
2人でも完食できず・・ホント大盤振る舞いです(笑)

たぶん、パスタ類はどこで食べても日本なら2人前の量は
あると思います。


そんな中で比較的普通の量だったのは
(と言うか、感覚が鈍っていたのかも(^^;)
インターコンチネンタルのプライベートビーチにある
PARANGA。
d0224362_22171164.jpg

雰囲気がよくてここはオススメかな。
もう一度行ってもいいと思いましたが、その機会は
ありませんでした。
d0224362_22171290.jpg

イカのグリル、ムール貝(ベルギーで食べて
すっかり気に入ったオット)、そして魚介類の
フリッターをオーダーして2人でシェアしました。
d0224362_22171343.jpg

ムール貝はベルギーのより身が小さかったですが
スープの味はよかったです。

あとは、マルタの和食で検索すると出てくる GOCHI
お寿司しかありません。おつまみも無し。
d0224362_2217145.jpg

場所は、セント・ジュリアンの Ross というバス停と
スピノール湾の間の道沿いです。

昼間撮った写真。写真右側です。
d0224362_22171546.jpg

店頭にお寿司が並んでいてテイクアウトできます。
奥に席があって、店頭で注文して(支払いもして)
店内で食べることもできます。
ほとんどセルフサービスに近いので
高級感はありませんが、日本人の店員さんは
感じがよかったです。
d0224362_22171665.jpg

それと、マグロが美味しかったです☆
ゴゾ島からの帰り、マグロ漁をしている所を通りました。
日本船も来ていると言っていたので、地中海まぐろって
この辺で獲れるマグロだったのですね。


そして、最後の晩に行ったホテル隣のタパス。
d0224362_22171781.jpg

地元の若者がデートに使ったりしているようなお店
でした。
d0224362_22171870.jpg

タパスと言いつつ、ここのカラマリもどっさり!
美味しかったけれど。
d0224362_22171988.jpg

とにかく、マルタでは注文する品数にくれぐれも
ご注意を。(笑)
[PR]
by endo0210 | 2014-10-10 14:25 | +9月マルタ共和国

マルタのホテルの選び方

こちらはマルタの地図です。
d0224362_1739837.jpg

マルタでどのエリアに泊まるか、、、
やはり一般的なのはセント・ジュリアン&スリーマ地区
またはヴァレッタじゃないかと思います。
d0224362_17482339.jpg

今回マルタに行くにあたってホテルを決めるのに
まったく土地勘がないので、世界規模の大きなホテルなら
便利のよい場所にあるだろうという勝手な思い込みと
口コミ評価で「立地がよかった」というのを信じて
インターコンチネンタルに決めました。

場所はセント・ジュリアンとなっていましたが
実際に行ってみて、セント・ジュリアンと言っても
かなり端っこだったということがわかりました。

セント・ジュリアンに泊まるなら、オススメは
スピノーラ湾の一番凹んだところからスリーマまでの
海沿いのエリアだと思います。
(下の地図で赤い線のエリア)
d0224362_16522315.jpg

A ヒルトン
B ウェスティン
C インターコンチネンタル
D コリンティア
E ラディソンブル
F ル・メリディアン

緑の線のエリアおよびその先でもいいと思いますが
この辺りはマンションが多くて
ホテルはあまりなさそうでした。

赤の線のエリアが景色も最高で、お店もたくさんあって
便利です。

と言うのは、私の個人的好みで(笑)
赤線と緑線のエリアには海沿いに遊歩道があって
ホテルのプライベートビーチはありそうにもないので
(公共のビーチはあります)
プライベートビーチ重視ならばウォーターフロントのホテルが
いいでしょうね。(インターコンチネンタルにはホテルから
徒歩3分のところにプライベートビーチがありました)

赤線のエリアにある唯一の大型ホテル、ル・メリディアン
d0224362_20154913.jpg

たぶん、こんな景色が見えるはずです。
d0224362_20155020.jpg

私達が宿泊したインターコンチネンタルのまわりは
Hard Rock Cafe があり、他にも同じような感じの
食べて飲めるカフェやパブが多くあって
ナイトライフの中心という感じがしました。
(スピノーラ湾までは徒歩10分ぐらい)
d0224362_195582.jpg

ヒルトンもホテルからバス通りに出ればお店もあり
まあまあ便利かなと思いました。

ウェスティンは、ちょっと孤立している感じで
お店がある通りまで(夜はちょっと薄暗い道を)
歩かなくてはならず、ウォーターフロントとは言っても
防波堤が見えたり、美しくない建物が見えたり(笑)
あまり景色がいいとは思いませんでした。
d0224362_20103192.jpg

レストラン利用だけで宿泊したわけではないので
間違っているかもしれません。

ラディソンとコリンティアはゴゾ島の帰りに
送迎バスで通っただけですが、たぶん近くにバス停は
あるのではないかと思います。
(スピノーラ湾まで徒歩で20分はかかると思います)
[PR]
by endo0210 | 2014-10-09 13:56 | +9月マルタ共和国

マルタの路線バスについて。

路線バスは Malta Public Transport によって
運行されています。

http://www.publictransport.com.mt/home?l=1

d0224362_19533996.jpg

チケットのタイプは3種類

☆ 2時間乗り放題チケット  1.30 ユーロ
☆ 1日乗り放題チケット  1.50 ユーロ
☆ 7日間乗り放題チケット 6.50 ユーロ

(上記料金は 2014年9月現在のものです)

他に子供料金もあります。

但し、23:00 以降の Night Bus には使えません。
Night Bus は距離に関係なく1回 2.50ユーロ
(片道料金です)別途かかります。

私達は空港の到着ロビーにあるバスカウンターで
7日間チケットを購入しましたが、車内で
運転手さんからも買えるようです。

観光客に関係あると思われるバス路線は

☆ 空港 ⇔ スリーマ、セント・ジュリアン X2
☆ 空港 ⇔ ヴァレッタ X4、X5、X7

* X4、X5、X7 は空港が始発および終点ではないので
空港からヴァレッタに向かう時には逆方向のバスに
乗らないよう行先に注意が必要です。

☆ ヴァレッタ ⇔ スリーマ ⇔ セント・ジュリアン
 12番 または 13番

☆ スリーマの船着き場からヴァレッタへの連絡船も
 ありました。陸路だと湾を大きくまわって行くので
 スリーマ ⇔ ヴァレッタなら船の方が早そうです。
 (私は今回は乗る機会がありませんでした)

☆ 青の洞門、ハジャー・イム、イムナイドラ神殿
 ヴァレッタから 71番
 スリーマ、セント・ジュリアンから
  12番または13番でヴァレッタに行き、71番
  または、X2 で空港へ行き、空港から 201番 

☆ アール・ダラム洞窟と博物館
 ヴァレッタから 81番 または 85番
 スリーマ、セント・ジュリアンから
  12番または13番でヴァレッタに行き
  81番または 85番

☆ ラバト(聖パウロ教会)、イムディーナ
 ヴァレッタから 51番、52番 および 53番
 スリーマ、St.ジュリアンから 202番または203番

詳細は上記サイトで確認してください☆
[PR]
by endo0210 | 2014-10-06 14:06 | +9月マルタ共和国

初めてのマルタ(感想)

マルタ、、、何となくステキな響きで中世のような町並みと
洗練されたリゾートをイメージしていました。

が、いざ行くとなってホテルを探してみると
何だかどのホテルも口コミ評価がイマイチ(^_^;)

ウェスティン、ヒルトン、メリディアン、
インターコンチネンタルと一通り有名なホテルもありますが
それらの評価もかなり幅があって良い方を信じるべきか
悪い方を信じるべきか、かなり悩みました。

都市によっては(例えばスイスのツェルマットとか
イスタンブルのスルタンアフメット地区とか)
有名ホテルでなくてもほとんどのホテルが高評価なのに
マルタは ん? ん? ん?(笑)

こういう時はわからないホテルを選ぶよりも
世界規模の方が一定のスタンダードは保っているだろうと
今回はインターコンチネンタルを選びました。

そして、着いてみての感想は、、、グアムっぽい(笑)

理由その1
ホテルでもレストランでもスタッフはフレンドリーだけど
のんびりで大雑把(^^;  イケメンのお兄さんも
キュートなお姉さんも同じ(笑)

理由その2
食べ物の量が多い!
一皿の量が日本の倍ぐらいあります。

理由その3
ウェスティンのような高級ホテルのレストランでも
日本の海の家でかかるような音楽がガンガンかかっていた。
インターコンチネンタルのプールでも同じでした(^^;

理由その4
車が汚い。
トルコの車も汚いと思いますが、それ以上(笑)
ホコリにまみれた車ばかりでした!

理由その5
ヴァレッタやスリーマ、セント・ジュリアンなどの町は
それなりにヨーロッパ的な趣がありますが
ちょっと郊外に出ると建物も原っぱも汚い。
南仏のようにどこに行ってもかわいいという感じではない(笑)

ひとことで言えば、マルタは洗練された都会的リゾートではなく
田舎ののどかなリゾートでした。

そして、ホテルの口コミ評価を読み直してみると
評価の低い人のポイントはやはりサービス面でした。

でも、きっと、文句を言ってもたぶんマルタの人には???
だと思います。え?何がダメなの?って。
決して開き直りではなく、本当にわからないんだと思います(笑)

なので、そういう所なんだと納得した上で行けば
とても良いところだと思いました。

日頃、テロ、テロと恐ろしいことが多い世の中ですが
マルタでは、こういうところで生まれて育って
仕事をして結婚して、ここしか知らずに一生を過ごすのも
幸せなことだろうなと思えました。

スリーマから見たヴァレッタやセント・ジュリアンの海沿いの
遊歩道、そしてグランドハーバーなど惚れ惚れする美しさ
でした。

のんびりするにはとてもよい所だと思いました。
[PR]
by endo0210 | 2014-10-04 14:14 | +9月マルタ共和国

最終日はホテルのチェックアウト時間が正午だったので
荷造り&のんびりして 11:30ごろ部屋を出てチェックアウト。

荷物をごろごろ引っ張って徒歩5分ほどのところにある
バス停へ(上り坂だったのでちょっと大変でした(^^;)

12:00発のバスに乗るつもりでしたが、どういうわけか
11:45頃にバスが来たので(たぶん前のバスが遅れていた)
それに乗って出発。

私達が乗った時はがらがらに空いていたのに
その後、バス停で停まるたびに続々と人が乗ってきて
最後はぎゅうぎゅう詰めで乗れない人もいました。

そして、来るときには 35分ほどで到着した空港 → セント・
ジュリアンでしたが、帰りは約1時間10分もかかりました。
d0224362_16583871.jpg

ルートがちょっと違ったような??
同じ路線なのに(^^;
d0224362_16583960.jpg

こんなところや
d0224362_16584042.jpg

こんなところを通って
d0224362_16584137.jpg

何はともあれ空港に着きました。
d0224362_16584254.jpg

d0224362_16584458.jpg

チェックインはちょっと待たされましたが
d0224362_16584343.jpg

今度は無事に最初から座席がもらえました\(^o^)/

ということで、プライオリティパスでラウンジへ。

*ラウンジはシェンゲン圏内のロビーにあって
シェンゲン圏外へ出国の際は、パスポートコントロールは
この先にありますので、ぎりぎりまでラウンジにいると
飛行機に乗り遅れそうになって大汗をかくことも
あるかもしれないので、ご注意くださいね。

d0224362_16584532.jpg

LA VALETTE というラウンジで
トルコ航空などの航空会社のラウンジも兼ねていました。
d0224362_16584696.jpg

食べ物はそれほど充実していませんでしたが
パスタサラダ、ディップ(ツナ、ドライトマト、オリーブ)
チーズ、パンなどありました。
d0224362_1775920.jpg

搭乗時間が迫ったのでゲートに行ってみると
今度はターミナルビルから歩いて飛行機に。
d0224362_16584722.jpg

d0224362_16584865.jpg

こちらはエア・マルタ。
d0224362_16584979.jpg

南国の航空会社らしく明るくてカラフル。

離陸してマルタともお別れ。
d0224362_16585066.jpg

はぁー 楽しかったな〜、癒されたな〜
d0224362_16585186.jpg

イスタンブルからは2時間ほどの近距離なので
手軽に行けてなかなかオススメです。
行ってよかったなーと思いました。

こちらは飛行機から見えたギリシャのコルフ島。
d0224362_16585229.jpg

イスタンブルに到着したら季節が変わっていて
秋になっていました。
[PR]
by endo0210 | 2014-10-03 14:06 | +9月マルタ共和国

ハーバークルーズが終わったらちょうどお昼だったので
ランチをすることに。

前の晩にスリーマからセント・ジュリアン方面に歩いていて
適当に入ったお店のスパゲティ・ボンゴレが美味しかったので
また同じ店に行きました。

スリーマの船着き場からはバス(12番または13番)で行き
Antik というバス停で降りたら目の前でした。
d0224362_1552126.jpg

私はグラスの白。夫はマルタビールの CISK
d0224362_147386.jpg

前菜にモッツァレラのフライをとって二人でシェア。
d0224362_1473342.jpg

そして、私はもちろんスパゲティ・ボンゴレ。
d0224362_1473548.jpg

夫はポモドーロ。
d0224362_1473685.jpg

ボンゴレは美味しかったけれどすごーく辛かったです。
前の晩に食べた時はほんのりカレー味がしたのに
この日に出てきたボンゴレはカレー味はしなくて
ペペロンチーノみたいでした。

ま、それはそれで美味しかったのですが
作る人によって味が違うのかな?(笑)

食後は、ワインも飲んでしまったので
所々、ベンチで休憩しながら、徒歩でホテルまで
戻りました。
d0224362_1474064.jpg

この辺はいくつもの湾が入り組んでいて
地形が本当にステキです。
d0224362_1474131.jpg

ワンちゃんが泳いでいました。
d0224362_1474264.jpg

次回があるとすれば、このあたりのホテルに泊まりたい。
(個人的にはル・メリディアンがロケーション的には
最高だと思いました)

ホテルに戻って、またプールサイドでのんびり。
d0224362_1474441.jpg

ハッピーアワーでモヒートを飲んでリゾート気分♪
d0224362_1474510.jpg

でも、明日はもうイスタンブルに戻る日です。
[PR]
by endo0210 | 2014-10-02 14:12 | +9月マルタ共和国

滞在5日目です。

今日もプールサイドでのんびりでもいいのですが
一日中だとちょっと勿体無いし飽きるかなと思ったので
午前中はハーバークルーズに行くことにしました。

マルタって、特にヴァレッタのような城塞都市は
外から見る方が断然ステキだと思うんです!
d0224362_13532956.jpg

スリーマの船着き場に行けば色々な会社が運行していて
だいたい午前10時半ぐらいから夕方まで
1時間おきぐらいにありますが
今回は Luzzu Cruises を利用しました。
d0224362_13532669.jpg

ハーバークルーズの所要時間は2時間弱なので
時間的にもちょうどいい長さですね。
d0224362_13532871.jpg

最初は曇っていましたが、出発のころには
青空が広がってきました。

でも、太陽が出ると真夏の日差しで暑い!
d0224362_13533020.jpg

対岸のヴァレッタに近づいて行って
セント・ポール・アングリカン大聖堂が
大きく見えてきました。
d0224362_13533369.jpg

この大聖堂ってスリーマ側から見るとかなり目立つのに
ガイドブックには何も書いてなくて
地図にも載っていません。

3年前にできたという橋の下を通って
d0224362_13533662.jpg

見えてきたのは聖エルモ砦。
d0224362_13533414.jpg

2日目に聖ヨハネ大聖堂に行ったあと
聖エルモ砦まで行ってみようとしたけれど
疲れて断念しましたが、海から見れたのでよかったです。

そして、グランドハーバーに入ります。
d0224362_13533738.jpg

コスタ・クルーズ船が停泊中でした。
昨日、スリーマ散策中に見えたのとは違う船ですね。
d0224362_13533752.jpg

かと思えば、小さな船で釣りをしている人も。
d0224362_13534248.jpg

ここからは、ヴィットリオーザ、セングレア、コスピークワの
3つの町の総称、スリー・シティーズと呼ばれる城塞都市を
見て行きます。
d0224362_142064.jpg

監視塔ヴェデッテ。
d0224362_13534075.jpg

町を見守るかのように、目と耳の印がついた監視塔です。

セングレアの町。
d0224362_1353412.jpg

絵になります!

そして、コスピークワ。
d0224362_13534394.jpg

聖アンジェロ砦です。
d0224362_13534413.jpg

d0224362_13534592.jpg

スリーマの船着き場に戻るときに外海に近い所を通ったら
結構揺れて迫力満点でした(^_^;)
d0224362_13534637.jpg

ハーバークルーズ、おすすめです!
[PR]
by endo0210 | 2014-10-01 14:05 | +9月マルタ共和国

夕方までプールサイドでのんびりして
5時ごろから町へ出てみました。

まずは12番のバスでスリーマの船着き場へ。
渋滞してなければ15分ほどで到着です。
d0224362_23341545.jpg

この辺りを歩くとイギリスのお店がとても多いです。
d0224362_23341775.jpg

マークス&スペンサー、Top Shop、NEXT、などなど
他にもイギリスのハイストリートにあるお店が
本当にたくさん。
d0224362_23342279.jpg

イギリスの統治下にあっただけありますね。
d0224362_23342188.jpg

そういえば、私達が来た前日には
イギリスからの独立50年を祝う式典があって
ウィリアム王子が来られたそうです。
d0224362_23342452.jpg

花火なども打ち上げられたそうなので
一日早く来ればよかったな・・

さて、ショップがある通りを抜けたら
海沿いに出ます。
d0224362_23342570.jpg

遊歩道をぶらぶら歩きながら、ホテルがある
セント・ジュリアン方面に戻ります。

この遊歩道ではジョギングしている人がとても
多かったです。

沖の方にはコスタ・クルーズ船が見えました。
d0224362_23342692.jpg

出港して、次はどこに行くのかな?

所々にこんな階段があって海辺に下りられます。
d0224362_23342642.jpg

ちょっと下りてみました。
d0224362_23342771.jpg

マルタには砂浜は無くて(どこかにはあるのかも?)
すべて磯浜です。まだ泳いでいる人もいました。
d0224362_23342831.jpg

だんだんと暗くなってきました。
d0224362_23342913.jpg

夜景もまた素敵です。
d0224362_23343024.jpg

このあと、通り沿いのお店で夕飯を食べて
ホテルに戻りました。
[PR]
by endo0210 | 2014-09-30 13:36 | +9月マルタ共和国

4日目は、前々からこの日だけ雨マークがついていたので
ホテルのプールでのんびりすることにしました。
d0224362_1374277.jpg

今回泊まったのはインターコンチネンタル。
プールは10階にあります。
(ホテルから徒歩3分のところに
プライベートビーチもあります)
d0224362_1374332.jpg

午前10時ごろにプールに行ったら一番乗り!

最初は晴れていましたが風が強くて
パラソルは開けられませんとのこと。
d0224362_1374648.jpg

お昼すぎにプールサイドでランチ。
d0224362_1374736.jpg

私はグラスの白(すごいたっぷり!)と
太刀魚のグリル。
d0224362_1374999.jpg

何故かトルコと書かれたお手拭きがついてきました(笑)

夫はハンバーガー。
d0224362_1375277.jpg

食べていたら怪しげな雲が近づいてきました。
d0224362_1375338.jpg

雨が降りそうですね、と通りかかったスタッフに言ったら
大丈夫、大丈夫とニコニコして言ってましたが
その直後に大粒の雨がぽつりぽつり。

ほらね、やっぱり。

しかし、部屋に戻ったらまだ掃除が済んでない(>_<)

しばし休憩して、雨が止んだので2時半ごろ
再びプールへ。

そして、4時に部屋に戻ったら、やっぱり掃除してない(>_<)

ハウスキーピングに電話して掃除してくれるよう頼んだら
やっと来ました。やれやれ

もう一度プールに行ってくるけれど
30分後に戻ってくるから、と言ったら OK、OK。

次に戻ったらさすがに掃除は終わっていましたが
大急ぎでやったと見え、空だったティッシュペーパーの補充はなく
洗面所のゴミ箱のゴミもそのまま。

ま、さすがに悪いと思ったのか枕チップは
残してありました。

インターコンチネンタルでこの程度のサービスですが
まあ仕方ないかなという感じです。

第一印象でグアムっぽいと感じたのは
まさにコレ!

人はとてもフレンドリーなのですが
全体的に南の島特有ののーんびりムードで
大雑把(笑)

ホテルだけでなく、どこでもそんな感じでした。

マルタは洗練された都会的リゾートではなく
田舎ののんびりリゾートだったのですね(^_^;)
[PR]
by endo0210 | 2014-09-29 13:08 | +9月マルタ共和国