日本に完全帰国して1週間が経ちました。

イスタンブルでは郊外に住んでいたこともあり
のんびりと過ごしていましたが、日本に帰ってくると
何でこんなに忙しいの???と思うほど、忙しくて
家の中はごちゃごちゃだし(^^;、まだ友達にも連絡して
いません。

今までは帰国時に忙しくても、またイスタンブルに行けば
のんびりできるんだから頑張ろう!って思えましたが
暴走オットがどんどん予定を入れてしまうし(^^;
先が見えません(>_<)

でも、そんな毎日でもとにかく記録に残しておきたい
と思っています。(そうじゃないとどんどん忘れちゃうので(^^;)

というわけで、これを機に新しいブログに移行することにしました。

リタイア夫と空の旅、海の旅、二人旅
http://retireotto.exblog.jp/


今まではなるべく毎日更新してきました。

が、新しいブログは自分の備忘録として主に旅の記録にしようと
思っているので、今までより更新頻度は落ちるかもしれません。
(でも、暴走オットがどんどん予定を入れております(^^;)

よろしかったら、今後ともお付き合いのほどよろしくお願い致します。
[PR]
# by endo0210 | 2015-10-08 07:38 | ご挨拶/つぶやき

現在、アタチュルク空港の(プライオリティパスで入れる)ラウンジです。

これにて本帰国です。

きれいに?片付けた家を出るときは寂しい気持ちでしたが
空港に着いてからはラウンジでワインを飲んでいることもあり(^^;;
前向きな気持ちになっています(*^^*)

東日本大震災のあとの2011年4月に初めてイスタンブルに来て
5月下旬に再度来土して本格的に住むことになりました。

初めて来たときは、トルコ人にも日本人にも知り合いはいなくて
ゼロからのスタートでしたが、今、本帰国する私には
トルコで出会った
素晴らしい友人、知人がいます。(住んでいる場所もあって
決して大勢の人に出会ったわけではないのですが)

その、人とのかかわりと出会いが自分自身の日本へのお土産だと思っています。

正直言って、夫がトルコ航空に転職するまでトルコに興味なんて
ありませんでした。

私の両親は20年ほど前に、ツアーでトルコ周遊の旅をしていて
その時「一緒に行く?」と誘われたのに貴重な有給をトルコ旅行のために
使いたくないと断ったのです。

そのトルコに来て、住むようになるとは想像だにしていませんでした。

でも、住んでみたらイスタンブルは素晴らしいところでした。

私が一番感動し、思い出に残っているのは、トルコ語学校に通っていた時
毎日、帰りにタクシムを出発したドルムシュから見える旧市街のシルエット。
本当に息を飲むほど美しくて、こんなところに住めて幸せだと
毎日、毎日、思ったものです。

そんな大好きな町イスタンブル。

絶対にまた来ます! って言うか、これからも年に一度は来そう(^^;;

とりあえず、来年まで有効なアンタルヤとダラマン往復のチケットは
持っています(^^;;

また来るよ〜 イスタンブル

& トルコ





[PR]
# by endo0210 | 2015-10-02 05:55

帰りは
BA680 LHR 17:50 → IST 23:40
機材は A319でした。

下の写真は私達が乗る飛行機ではありませんが(^^;;

d0224362_00410787.jpg


ゲートは B38でした。

d0224362_00410712.jpg

d0224362_00410737.jpg


次はいつロンドンに来れるかな?

飛び立ってベルトのサインが消えたら行きと同じように
メニューが配られました。

d0224362_00410815.jpg


よく見たら、ちゃんとトルコ語でも表記されていました。

d0224362_00410857.jpg


帰りもシャンパン(笑)

d0224362_00410939.jpg


外は夕暮れです。

d0224362_00410962.jpg


最初は英語で私達に接していたCAさん(イギリス人)でしたが
私達が日本語で話しているのを聞いたらしく、突然日本語で話しかけられ
その後は日本語で接してくれました。
よーく見たら、胸に日本の国旗のバッジをつけていました。
まさか、日本語ができるCAさんが乗っているとは思わなかったので
びっくりしました。

さて、食事は私はチャーハンに鶏肉の野菜炒めが乗ったもの。
ちょっと中華風? 美味しかったですよ。

d0224362_00410929.jpg


行きと同じように大きなサラダもついてきてよかったです。

夫はビーフ。

d0224362_00411095.jpg


こちらも美味しかったそうです。

そして、食後はお楽しみのチーズ! ですが、、、

d0224362_00411050.jpg


あれ? 玉ねぎを甘くしたようなのがついてなくて
ただのジャムが添えられていました。がっかり。

大きなサラダもよーく見ると、行きの方が彩り豊かで美味しそうでした。

うーむ、BAのイスタンブル〜ロンドン間は、IST → LHR の方が
内容がいいようです。

先日、トルコ航空の日本語が喋れるCAさんと食事をした時
ヨーロッパ内などの短距離は、イスタンブルから往復分の機内食を
積んで行くと言っていたので、BAもそうなのかと思いましたが
BAは、イスタンブル発のフライトはイスタンブルで機内食を
積み込むようです。その証拠に IST → LHRではサラダに
トルコ航空の機内食と同じオリーブオイルがついていましたから。
(ロンドン発はドレッシングがついていました)

イスタンブル・アタチュルク空港到着は沖止めでバス移動でしたが
きっちりとビジネスクラスの乗客だけを先に降ろして
最初のバスも、ビジネスクラスの乗客が全員乗った時点で出発。

トルコ航空はこの部分が甘くて(^^;; ビジネスクラスの乗客が先に降りても
バスでエコノミーの乗客と一緒になってしまうので
ビジネスクラスのメリットがなくなってしまうのです(^^;;
トルコのあるあるですね(^^;;

と、話が逸れましたが、ブリティッシュ・エアウェイズは
思ったよりよかったです。なので、短距離ではなくて
いつか長距離のビジネスクラスに乗ってみたいですが
無理でしょうね(笑)。


[PR]
# by endo0210 | 2015-10-01 00:09 | +9月ロンドン

ヒースローではターミナル5からの発着でした。

d0224362_01252645.jpg


手前のチェックインカウンターが邪魔ですが(^^;;
A warm welcome to our home と書いてあります。
BA専用のターミナルですね。

新しいので広くて気持ちいいです。

免税手続き(VAT refunds)は Gカウンターの後ろにありました。

d0224362_01292601.jpg


帰りのチェックインもサクサクっと済み、出国です。

確か、クラブヨーロッパ & クラブワールドと書いてある案内に従って
優先レーンでセキュリティチェックを受けたような気がするのですが
既に記憶があいまいです(^^;; 数日前のことなのに。

d0224362_01361345.jpg


セキュリティチェックを抜けたらラウンジに向かいます。
d0224362_02120074.jpg


こちらはビジネスラウンジですが、ファーストクラスのラウンジも
隣にありました。

d0224362_02120075.jpg


中はかなり広いです。

d0224362_02331854.jpg


各国の新聞が置いてあって、日本経済新聞の衛星版があったので
もらってきました(^^;;

食べ物は、サンドイッチやケーキなどが中心。

d0224362_02331848.jpg

d0224362_02331891.jpg


温かい食べ物はスープがありました。
野菜(サラダ)は無し。果物はバナナやリンゴなどが丸ごと
置いてありました。

あとは、袋に入ったポテトチップスもありました。
(イギリスっぽい 笑)

アルコールはあまりよく見ませんでしたが、夫の話では
結構種類が豊富だったそうです。

Wi-Fi はサクサクつながったので、搭乗時間までネットで
遊ばせてもらいました(笑)

ヒースローはテロ防止のため、搭乗ゲートが毎日必ず変わり
(成田なんてトルコ航空は基本的に毎日同じゲートです)
搭乗時間の直前までゲート番号を発表しません。
なので、搭乗券のゲート番号は空欄になっています。

d0224362_02331906.jpg


時間を見ながら、自分でゲートをチェックしなければならないので
気を遣います。

夫の話では、ロンドン到着(着陸)の時も、着陸3分前ぐらいにならないと
地上からスポット番号を知らせて来ないそうです。
(普通は30~40分前に知らせてくるそうです)

追記:
ヒースローではイミグレーションによる出国審査はありませんでした。
セキュリティチェックのところで搭乗券のバーコードを読み込ませ
あとは、搭乗の時にゲートでパスポートと搭乗券を見せただけでした。


[PR]
# by endo0210 | 2015-09-30 14:17 | +9月ロンドン

今回のロンドン往復はJALのマイレージで BAの無料航空券を
ゲットしたわけですが、急に思い立って予約したので
日にちもほとんど選べず、しかも往復ともにエコノミーがとれず
ビジネスクラスでした。

近距離(4時間)なのでエコノミーで十分、たくさんマイレージを
使いたくなかったのですが仕方ありません。

というわけで、BAのクラブヨーロッパ(近距離ビジネスクラス)の
レポートです。

往路: BA677 IST 17:35 → LHR 19:35
(これは定刻の時刻で、この日は出発が 30分遅れました)

チェックインはアタチュルク空港内 BAのクラブヨーロッパカウンターで。
手荷物だけだったので、5分もかからずチェックイン完了。

出国も優先レーンが使えるので早いです。

ラウンジは、プライオリティパスで入れるいつものプライムクラスCIPラウンジなので
レポートは省略します。

d0224362_00364672.jpg

d0224362_00364662.jpg


BAの搭乗券には搭乗時間ではなくて、搭乗締め切り時間が記載されていました。

d0224362_00470045.jpg

d0224362_01162721.jpg


機材は B767 でクラブヨーロッパは 2-2-2 の配列でした。

d0224362_00470001.jpg


私達はマイレージの無料航空券だし、ぎりぎりに予約したので
真ん中の2席でした。

この日のこの便の機長さんは女性でした(かっこいい!)

飛び立ってしばらくしてベルトのサインが消えたら、夕食のメニューが
配られました。

d0224362_00530394.jpg


メインはラムのキョフテ(トルコ風ハンバーグ)またはお魚ですね。
お魚にしようっと。

d0224362_00530491.jpg


そして、飲み物サービスが始まり、ここぞとばかりに(^^;;
シャンパンをいただきました。

d0224362_00530466.jpg


キリッと冷えていて美味しかったです。

さて、お食事がきましたよ。

d0224362_01044307.jpg


大きなサラダがついていて嬉しいです。
トルコ航空の機内食と同じオリーブオイルがついてきました。

d0224362_01044354.jpg


プチ・マカロンもかわいい。

d0224362_01044492.jpg


メインのお魚も美味しくて満足。
イギリス見直しました!(笑)

食後は、デザートかチーズを選べます。

私はデザートのラズベリーとホワイトチョコレートのタルト
マスカルポーネクリーム添え

d0224362_01044406.jpg


これも甘すぎず、とても美味しかったです。

夫はチーズ。

d0224362_01044488.jpg


チーズに添えられていた赤いのは、タマネギを甘く煮たようなものでしたが
これがチーズに合ってすごーく美味しかったです。
帰りはチーズにしようと心に決めました!(笑)

どうせ近距離のビジネスクラスだし、全然期待していませんでしたが
予想に反して、BA なかなかよかったです。

(到着時、イギリス入国審査には優先レーンはありませんでした)


[PR]
# by endo0210 | 2015-09-30 00:48 | +9月ロンドン